最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » インターネットのダイレクト型自動車保険のメリット・デメリット
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

インターネットのダイレクト型自動車保険のメリット・デメリット

インターネット型ダイレクト自動車保険のメリット

  1. 保険料が安い
  2. 全ての保険会社を比較できる。
  3. 自動車保険会社の方や代理店の方と合わなくても良い。
  4. ネットで申し込み手続きが出来、簡単に加入できる。
  5. 自動車保険の乗換が楽

一番のメリットはやはり安さです。販売代理店を抱えていない通販型自動車保険会社は運営に必要な経費が従来の保険会社と比べると段違いです。これはそもそも、従来の保険会社が大切に作り上げてきた体系があったのですが、法律によよって新しいタイプの保険を販売できるようになった事で生まれました。安い!といっても、まだまだ加入率や資本は従来の保険会社と比べると落ちるため、驚く様な安さとは言えません。大体2割~3割安くなる方が多いようです。めったには居ませんが5万円を超える様な場合もあるようです。

ダイレクト型自動車保険の加入率は右肩上がりです。現在の加入者のシェア率は5%程度ですが、これからもまだまだ増えると予想されています。最近では加入に対する割引などを実施する会社もあります。

また、1996年に運営が始まった通販型自動車保険を扱う会社ですが、当初はやはり苦情や悪評が絶えませんでした。10年程度で全国をカバーできる保険を作るのです。色々と不手際が生じるのは仕方がありません。 しかし近年では全自動車保険における顧客満足度調査においても上位に組み込む保険会社が出始めてきました。時間をかけ、全国にサポート拠点などを張り巡らし、1万拠点を超える会社もあります。メリットとしては、従来の自動車保険と遜色が無いという点が挙げられます。

ダイレクト系自動車保険のデメリット

  1. 保険を選ばなければならない。
  2. 申し込み・契約変更行わなければならない。
  3. 人間関係がこじれる可能性がある。

一番のデメリットは色々と調べなければならないと言う事です。最近は、複数保険の一括見積もりがありますが、それでも1日以上は保険について理解を深めたり見比べたりする必要が出てきます。仮に時給換算したとして、1時間800円なら3時間しらべると2400円分の損失になると言えばなるのかもしれませんね。

ディーラーなどでそのまま加入する場合は、比べる保険が基本的にほとんどありません。信頼し、判子を押すだけですから気をもむ必要もありません。言われるがままに保険に入ればOKです。 また、修理などを車を購入した会社にお願い出来る場合は手続きや保険請求が楽というメリットもあります。

通販型自動車保険のデメリットとして、保険会社の頭が痛い一つに人間関係という物があります。特に田舎に行けばいくほどお歳暮・お中元、年賀状のやりとりなどである程度人間関係が出来ている方は、従来の保険の担当の方から乗り換えるという障壁があります。自動車保険会社と直に保険を結ばれている場合は転勤などで人員移動がありその時にでも乗換は出来ますが、地域に密着している様なディーラーの場合は人員移動が無い事も多く年間数万円の利益であれば乗換無いと言う選択をされる方も少なくない様です。

とはいえ、最近のインターネット型自動車保険のテレビCMなど頻繁に流れていますから、ディーラーの方もある程度は仕方ない部分があると思われている様です。若い世代が乗換安い面、あるい程度年齢を重ねられた方は少し乗換がわずらわしいという部分はありますが、乗り換えてはいけないルールはありませんので保険内容に納得出来るのであれば乗換も良いのではないでしょうか?まずは一括見積もりなどで年間の保険料などを見てみる分には差し支えないと思います。

自動車保険を乗り換える方の中には、自動車の修理や車検の際に整備会社が運営している保険代理店に加入すると言う事があります。 これは、今後修理などを行わざる得ない時に関係があるとスムーズに利用できるのではないか?という期待が込められている場合もありますし、保険加入によって何かしらのサービス(割引など)が受けられると言う部分もあるかもしれません。地域に整備会社などが何社もある場合はあまり気にしなくても良いのですが、地域に1社しかない様な場合は良く考えてご判断されても良いかもしれません。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>