最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » リスク細分型自動車保険のリスクとは何?
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

リスク細分型自動車保険のリスクとは何?

「リスク細分型自動車保険」は1996年に保険が自由化されたことで誕生した商品です。現在の自動車保険ではリスク細分型が当たり前。そもそもこのリスクとは何を指すのでしょうか?

リスクという言葉は危険。危険度。また、結果を予測できる度合い。予想通りにいかない可能性。「―を伴う」「―の大きい事業」「資産を分散投資して―の低減を図る」という意味があり、海外でも保険商品を作る際にしばしば登場する単語です。

  • リスクアセスメント【risk assessment】 – 危機が発生した場合、発生源、伝播の経路、被害者の反応、発生頻度などのデータに基づき、どれだけの影響があるかを事前に評価すること。危機評価。
  • リスクアタッチ【risk attach】 – 保険者の保険責任が開始されること。
  • リスクさいぶんがたじどうしゃほけん【リスク細分型自動車保険】 – 保険料算出の根拠となる危険度を細分化した自動車保険のこと。運転者の年齢・性別・居住地域・運転歴や、車種・使用目的・使用状況・安全装置の有無などに応じて、その運転者の事故を起こす確率が高いか低いかを判断し、保険料を設定する。

リスク細分型自動車保険のリスクは9個ある。

これらのリスクに応じて保険料を決めて良いとされている具体的な内容を見てみましょう。

  1. 年齢 – 若いと事故率が高い
  2. 性別 – 男女で事故率が異なる
  3. 運転歴 – 初心者は事故率が高い
  4. 使用目的(営業、通勤、日常、レジャー) – 毎日乗れば当然事故の確率が上がる。
  5. 年間走行距離などの使用状況 – 同上
  6. 地域 – 地域によって事故率に当然差が出る
  7. 車種 – 車によって事故率の差がでる
  8. 安全装置の有無 – 安全装置によって死亡率が下がるため
  9. 車の所有台数 – これはリスクとは考えにくいですが、保険料に差をつけて良いとされています。複数台あればお得にした方が同じ自動車保険に加入してくれる事から自動車保険側のメリットとして作られていると考えます。

リスクをふまえて自動車保険が安くなる条件とは?

  1. 35歳以上の年齢条件で事故率が低いゾーンを選択
  2. 運転者限定特約を付け本人のみなどにする
  3. 使用目的が運転頻度の低い日常・レジャーにする
  4. 年間走行距離設定を最低にする
  5. 最新の安全な車で契約する
  6. 車体が安い車に乗る
  7. ゴールド免許割引にする
  8. エコノミータイプの車両保険にするか車両保険を利用しない

現在想定できる最も安くなる様な条件がこれらのようなものです。あとは事故率の低い地域に引っ越すという方法も無い事はありませんが、馬鹿げた話なので並べませんでした。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>