最新ニュース
Home » 保険情報 » 事例 » 交差点の右折車と右折車の事故の過失割合(信号無し)
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交差点の右折車と右折車の事故の過失割合(信号無し)

kurosumigimigi

信号機の無い交差点でおきる事故のひとつに、両方が右折中に接触してしまうというものがあります。

一方がドリフト車にような高速で曲がる様なタイプでない限り、お互い徐行していることがおおいため、重大な事故になりにくい事故の一つです。

基本的には左方優先の法則に従い、右側の車の方が過失割合が多くなる事になります。

しかし、道路の幅の広い方が優先度は高いため、左側だからという話に収まるという訳ではありません。

その他、一時停止や何らかの標識が出ている場合は、それらが優先されてきます。

 

状態 黄色 赤色
同条件で両車減速が無かった場合  左側優先の法則 60% 40%
一方の道路幅が広い 黄色が狭路
赤色が広路
30% 70%
一時停止違反 黄色が違反
赤色が無違反
75% 25%
一方が広路 黄色が広路
赤色が狭路
20% 80%

この様な形になります。

同条件でも左側優先で1割程度加算される事が多い様です。

しかし、同条件で同じタイミングで車が右折し合う事は稀です。

  • 右折を早回りした
  • 大型車だった
  • 徐行しなかった
  • 右折禁止違反が見えなかった
  • 既に右折しきっていた

といった条件がさらに加わり、微妙に過失割合は変わってきます。

残念ながら、明らかに過失が少ないと思えるような状況でも、徐行をしている交差点ですので過失が0になる事はほとんどありません。

左側優先の法則は忘れてしまっている方がほとんどですので、ここは私が優先だ!とおもい侵入せず、相手が動くまで常に待つというスタンスでいる方がよいかもしれません。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>