最新ニュース
Home » 保険情報 » 事例 » 交差点の右折車と直進車の事故の過失割合は黄色信号が分かれ道
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交差点の右折車と直進車の事故の過失割合は黄色信号が分かれ道

交差点において早く右折したい車と、直進するのだから曲がってくるはずが無いと思っている直進車の事故は後を絶ちません。場合によってはちょうど直進車の有無が確認できない位置に、対抗する右折待機車が陣取り、行けると思って進んだ所で出会い頭にぶつかるケースが後を絶ちません。 直進車のスピードも速く重篤な事故に発展する事もしばしばです。 。

状況
直進車A、右折車Bで同じ青信号 20% 80%
直進車Aが黄、右折車Bが青で進入し黄で右折 70% 30%
直進車A、右折車Bともに黄で進入 40% 60%
直進車Aが赤で進入、右折車Bが青で進入、赤で右折 90% 10%
直進車Aが赤で進入、右折車Bが青矢印で右折 100% 0%

基本的に右折車の過失割合が多いのですが、右折車は黄色信号になるのを待ち、直進車がいない事を確認して右折する機会が多い為、黄色で突っ込んでっ来る直進車とぶつかった場合は直進車の割合の方が高くなります。問題は信号がどの状態であったか?です。 何も証拠も証言もない場合は右折側には分が悪くなりまnnす。  ドライブレコーダー搭載の上で対向車の目視が難しい場合は黄色になるのを待って進む。 前の車が行ったのだから行けるはずだという予測で右折しない。 当然皆さん行われている安全優先運転ですが急いでいでも過失 割合の少なくて済むような運転を心がけましょう。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>