最新ニュース
Home » 保険情報 » 損害賠償 » 交通事故で損害賠償請求先が変わる状況とは
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故で損害賠償請求先が変わる状況とは

交通事故の際、賠償請求をしたり事故の責任を負う者は被害者であり加害者本人です。しかし交通事故の特性上、どちらか、もしくは両方が無くなるケースは珍しくありません。この時、事故の責任や損害賠償請求を行うのは基本的に相続人が行います。

例外はいくつかあります。加害者・被害者本人が責任をとれないケースとして後遺障害により手続きの一切が行えない場合もあります。相続人は亡くなった方に対しての呼び方ですのでこの時は家族などがこれに当たります。 

また、加害者の車が法人(会社)の車の場合、会社にも損害賠償責任を負う義務が生じます。運転者と法人(会社)に対して損害賠償請求することができますが、どちらか一方に対して損害賠償請求を行う事も可能です。 請求を受けたものは後日もう一方の者にたいして賠償金の割合分を請求する手続きをおこないます。

加害者が死亡した場合で任意保険に入ってた場合、保険会社へ直接請求することもできるようです。

これなら安心!と思われる方もいると思いますが、加害者が任意保険に加入せず事故を起こし、被害者に重い後遺症が残る様な高額な賠償金になる様なケースでは相続人が相続放棄をする可能性もあります。残念ながらこの様な場合は自賠責保険による最低限の保障のみしか賠償されません。(加害者が生きていても高額でこの様なケースの場合自己破産される事もありますが)

損害賠償請求先の変更例

加害者の状態 運転者以外
加害者が死亡 相続人へ請求
加害者が未成年 親(親権者)へ請求
加害者が会社の車で事故 加害者と会社へ請求
ひき逃げなど加害者が不明 政府保証事業に請求する
加害車両が盗難車 加害者へ請求。所有者の場合もあり

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>