最新ニュース
Home » 保険情報 » 死亡事故 » 交通事故で相手が無くなった時は必ずお葬式や葬儀、お通夜に参列すること。
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故で相手が無くなった時は必ずお葬式や葬儀、お通夜に参列すること。

交通死亡事故であってもほとんどの加害者は執行猶予付きの判決になります。事故は故意による殺人と異なり、あくまで事故であるためです。 しかしご遺族にとっては家族が亡くなった事に変わりはありません。事故で相手を亡くしてしまった方が悩むのが、葬儀・お葬式・お通夜へは出席したほうがいいのか?という点です。 ご遺族の手前出席したくないと思う方がおおいのではないでしょうか

交通事故を起こしてもほとんどが執行猶予判決だから何もしなくても大丈夫だ!と言う訳にはいきません。もちろん現在執行猶予中の場合はほぼ不可能でしょう。

事故の後は何をすれば執行猶予判決になるのか?

  1. 道路交通法違反歴が無い(ゴールド免許)く前科・前歴も無い
  2. 示談が成立している
  3. 見舞金や相手が亡くなっている場合などは香典(香奠・香料)を出している
  4. 葬儀(通夜あるいは告別式)などに参列している
  5. 被害者や友人・知人などから減刑嘆願書が出ている

これらの様な誠意を見せている事実が重要と言われています。つまり、相手の葬儀には怪我で出席できない場合などを除き、出席すべきと言えます。もちろん、出席しないという選択を選ぶ事も自由ですが。

死亡事故の被害者の葬儀や通夜に参列するには

基本的には自由に参列して構いません。まずは日取りをご遺族の方や自動車保険会社の担当の方に聞きましょう。(被害者の保険会社のから葬儀への参列を打診される事が多い様です。)可能であればご遺族の方にお伺いを立てても良いかもしれません。
ここで断られた場合でも、可能であれば会場まで伺いましょう。追い返されるかもしれませんが、香典(香奠・香料)だけでも受け取ってもらいましょう。

加害者を葬儀に出席させず不利な立場にさせようとする遺族もいる

法律に詳しい方や、インターネットで検索をすると解る事ですが、出来るだけ加害者が執行猶予付き判定にならない様に。実刑がつくように、示談もせず、葬儀関連は全て出席させない様にする方も一部いるようです。 これらは警察から検察庁に送られる資料に書かれる事です。 こればかりは被害者としてはどうしようもありません。可能であれば会場まで伺った事実や香典などを用意した事実程度は警察に伝えても良いかもしれません。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>