最新ニュース
Home » 保険情報 » 事故発生 » 交通事故で警察は誰が悪いか決められません。刑事事件と民事不介入
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故で警察は誰が悪いか決められません。刑事事件と民事不介入

交通事故を起こしてしまった場合、友人や知人の話をいくら聞いていても気が動転してしまう事が多い様です。しかしまずは自分の命や怪我の状況、同乗者の状況、そして大切な相手の状況程度はすぐに思いつきます。誰かが命の危険にありそうな場合はすぐに動かなければなりませんが、動揺していては何も出来ません。どうしたら良いのか解らない場合はすぐに警察の110番や救急番号の119番へ電話をしましょう。
彼らは日々同様の電話をうけていますので適切な手順などを伝えてくれます。

交通事故で警察はどちらが悪いかを判断しません。

到着した警察官は、事故の当事者や目撃者から話を聞き、客観的事実を元に実況見分調書を作成します。逆にそれ以上は何も行えません。

作られた実況見分調書は示談や裁判の際の重要な書類ですが、警察官が過失割合を判断(どっちが悪いか)する事はありません。警察の「民事不介入」という単語は聞いた事があると思います。これは、

  • 事故を起こした二人のどちらかが悪いかは警察は判断できない。
  • 事故の相手が死亡してしまった場合は、事故を起こした人が相手に対して悪いからではなく、民事ではなく刑法的な罪を起したので介入することになる。
  • どちらかに道路交通法の違反がある場合、警察と違反者の関係で罰金や違反点数がつくが、だからといってどちらかが悪いかの判断はしません。

事故後に動揺から気が大きくなり、警察に相手の過失について意見を求める様な場面が多くあるようです。「おまわりさん、あの人が勝手にぶつかってきたんだよ!俺は悪くないよね!」と食ってかかっても残念ながら意味がありません。損害賠償などについても何も言えません。「この人が悪いから弁償してもらえるよね?」と聞いても期待する回答はありません。 これにより警察に不信感を持ってしまう方も居るようですが、お門違いとなります。

ですから実況見分では冷静になり警察に聞かれたことにしっかりと答えましょう。このやりとりはとても重要なので、相手の意見に流されてしまう事だけは避け、自分の状況や意見をはっきりと述べましょう。 警察も人ですから、心の中では本当かな?と思う様なやりとりがあったとしても、あまり口をはさめません。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>