最新ニュース
Home » 保険情報 » 物損事故 » 交通事故の修理費用「物損事故の損害賠償」の決め方
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の修理費用「物損事故の損害賠償」の決め方

交通事故や車対車や車対人、車対物(家屋やガードレール、電柱)などとぶつかる事で発生します。 たとえ故意ではない偶然の事故とはいえ、相手の物を壊してしまった分は弁償(賠償)をしましょうというものが物損事故の損害賠償です。

物損事故の損害賠償の算定方法

まず、物損事故には損害額がすぐにわかる様な形のあるものを壊したものの賠償(積極損害)と、休業補償など一見額が解らない賠償(消極賠償)があります

積極損害

  • 車の修理費
  • 車の格落、査定落ち、評価損
  • 買い替え費用
  • 代車代
  • 片付けや撤去費用
  • 時計やメガネなどの損害賠償

基本的に物損事故の積極損害は修理するためのお金、買い換えるためのお金、事故で物の価値が下がった時の差額分を賠償することになります。

修理費は基本的に領収書等を元に実費を請求することになりますが、10万の時計の修理に100万円かかったと言うのはNGで、破損前の評価額や時価を超える賠償は行えません。これは車も同じですね。

危険なのが相手が1,000万円の時計をしていて壊れてしまった場合です。任意保険に加入していないと買い替え費用の請求が回ってきます。。。昔から高級車には近付かない方が良いと言う言葉がありますが、車だけではなくこういう小物も高級になる事があります。 自賠責保険のみで運転されている方はくれぐれもご注意ください。

消極損害

事故を起こしてしまった先が、店舗だったりタクシーやトラックなどの場合、事故を起こした時点から相手は仕事が出来ない状況に追いやられます。この様な時には、壊してしまった物の賠償の他に休業補償などを行わなければなりません。

収入から経費を抜いた分を日割り計算し、休業日数に応じて計算します。

店舗に突っ込んでしまった場合賠償額を考えると、修理費用に数100万。修理には職人を呼んで時間もかかりますから、休業日数として売上10万(経費3万)の場合は7万円×日数。商品が壊れた場合はその費用が必要になります。コンビニなどはちょっと注意が必要ですね。

慰謝料

物損事故には慰謝料はありません。賠償する事で慰謝される(精神的な苦痛が無くなる)と言う事になっています。 実際は思い入れのあるものが壊れてしまう事も在るのですが裁判の判例では請求しても通らない様です。

事故相手の車の修理費用を決める過失相殺・過失割合

車で壊した物が車以外の物である場合、ほぼ100%の賠償負担となりますが、相手が車の場合は、どちらがどの程度過失があるのかが決まってから過失割合に応じて損害賠償を行う事になります。車の破損状況が同等の者の場合、どちらかに過失割合が傾いていると加害者側は修理費用を貰えず、被害者側は過失分を相殺しちょっとだけ修理費が貰えるという結果になります。

物損事故の過失割合の過失相殺の計算をご参照ください。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>