最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 交通事故の損害賠償訴訟の判決と和解は何が違う?
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の損害賠償訴訟の判決と和解は何が違う?

示談交渉がまとまらない場合、事故の内容によって民事調停や訴訟などの裁判になることがあります。裁判になったらからといって支払い命令が必ず出る訳ではなく、裁判の中で7割が和解として解決しています。

  1. 訴訟を起こす
  2. 口頭弁論
  3. 証拠調べ
  4. 証人などの供述
  5. 和解勧告
  6. 和解に応じない場合は判決
  7. 損害賠償金の支払い or 控訴

訴訟を起こし損害賠償額の判決が出るまでの流れはこのようになっています。

交通事故紛争の裁判の流れ

  • 訴訟 – 裁判所に訴状を提出。訴訟を起こした理由等を書く。
  • 通告 – 訴状が裁判所で受理され、被告に期日が通告されます。
  • 口頭弁論・証拠調べ – 原告・被告(加害者・被害者)等が出廷し内容を確認した後にお互いの言い分を聞く事が「口頭弁論」といいます。口頭弁論中に証拠や目撃者がいれば出席をもとめたりするため何度かに分かれて行われます。
  • 和解勧告 – 証拠などが出そろってきた段階で裁判官が和解を勧告してきます。弁護士なども内容を見て判決が大体読めてきますので7割の方はここで和解します。和解が合意に至ると「和解調書」が作成されこれは判決に近い効力をもち、従わない場合は強制執行も可能になります。
  • 最終準備書面の提出 – 和解に至らない場合、お互いの弁護士が「最終準備書面」を作成し提出します。 これはお互いの言い分をまとめたもので、判決を左右する大切なものです。
  • 判決 – 判決です。 不服の場合は最高裁まで控訴できます。

交通事故紛争の裁判の通告を無視すると敗北が確定

裁判の通告を無視し、出廷しない場合でも裁判は行われます。この場合、相手の主張を全面的に認めたと言う事になります。

交通事故の裁判に出廷できない場合は訴訟代理人として弁護士に行ってもらう

裁判は平日の昼間に行われます。 示談の内容が不服で裁判にしたいけれどもそんな時間も無いと言う方は弁護士を訴訟代理人として選任することでお任せする事が出来ます。もちろん費用はかかりますが。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>