最新ニュース
Home » 保険情報 » 示談 » 交通事故の減刑の為、示談を急ぐ加害者と引延ばす被害者
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の減刑の為、示談を急ぐ加害者と引延ばす被害者

交通事故後、遺族の心の傷が癒えていない時期や、怪我の調子が良くなっていないにもかかわらず、示談を急がされる場合があります。これは示談が成立していると加害者が刑事上の罪が軽くなるという判例があるために起きます。

  • 刑事上の責任 – 懲役刑・禁錮刑・罰金刑・科料
  • 民事上の責任 – 損害賠償
  • 行政上の責任 – 違反点数・反則金・免許の停止・取消など

事故の加害者は、これらの責任が問われます。示談が成立したからといって、違反点数は少なくなりませんし、損害賠償額はその示談で決める事です。この刑事上の責任は被害者と示談が成立しているかどうかによって情状酌量で減刑が得られるかどうかの重要なポイントとなっています。

具体的に加害者が示談を急ぐ訳

刑事上の責任を決める際、どれだけ誠意を持って対応したか?という内容も考慮されます。相手が亡くなっている場合には、葬儀に参列したのかどうか?香典は出したのかどうか?事故直後の治療費の建て替えをしたのかどうか?示談が成立したのかどうか?などがこの誠意の内容です。

示談が成立しているということは損害賠償額について、被害者が納得しているということになり、情状酌量の余地が増えます。裁判になる所が不起訴や略式裁判にで済んだり、示談しているから執行猶予がつくといった変化が生まれます。

相手が示談を急いでいる場合、示談の内容をまとめ安かったり、ある程度踏み込んだ内容でも納得してくれるなど被害者にも一定のメリットはありますが、特に急ぐ必要はありません。きちんと提出された示談の内容を確認し、必要であれば弁護士など第三者のチェックなどを経てから示談しましょう。

事故後の対応や事故内容から加害者に恨みや怒りがあり、示談を意図的に送らそうとする方も居ます。無視したりあえて法外な賠償額をふっかけるなどがこれに当たります。 これについては明確な罪はありません。
本来裁判になる所を示談で終わらせているというのが基本的な見方です。意図的に遅延をしている被害者に対して第三者から「加害者が可哀想だ」等の意見をするのは筋違いだと思います。

加害者が被害者にこれをやられると裁判を意識しなくてはならなくなります。本来は事故後の対応など誠意をもって行えばよかったのですが、事故後に悪態などをつかれてしまう方もいるでしょう。早く示談が欲しい方は「民事調停」や裁判外紛争解決手続である「交通事故紛争処理センター」などに仲介に入ってもらうなど、積極的に示談の為の話し合いが出来る機会をふやさなければなりません。
ただしこれらも不成立になる事はもちろんあります。

被害者が示談交渉を急いではいけないケース

被害者が亡くなってしまった場合は示談交渉をいつ始めても良いのですが、後遺症の恐れがある場合、相手から激しく頼まれても少し待った方が良いです。できれば医師から後遺症についての診断が出るまで待ちたいところです。

出来ればと言うのは、示談交渉後に後遺症が発覚した場合、後からでも逸失利益や慰謝料などの損害賠償請求が可能性です。ただしその後遺症が事故によるものであることなども証明していかなければなりません。被害者なのですから面倒事はあまりふやしたくありませんね。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>