最新ニュース
Home » 保険情報 » 傷害事故 » 交通事故の病院代・治療費・入院費を立て替える。
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の病院代・治療費・入院費を立て替える。

交通事故でケガをした場合、警察には連絡をしますがすぐに病院に行くことになります。アドレナリンが大量に分泌しているので実は骨折していたと言う話も良くあります。この時の治療費、いわゆる病院への支払いは誰が行うのでしょうか?

自賠責保険には仮渡金というものがありますが、当然その日のうちに出る事はありません。考えられるのは

  • 被害者が立て替える
  • 加害者が立て替える
  • 被害者が全額負担
  • 加害者が全額負担
  • 加害者の保険会社に直接請求

怪我の内容や保険の使用の有無(保険等級が下がりますので、場合によっては使わない方がお得になります。)にもよりますが、これらの方法があります。

この場合被害者が立て替えるケースがほとんどです。最終的には加害者が負担する分ですから領収書は必ず受け取り保管しましょう。

最初の治療費を加害者が立て替える事ももちろんあります。(加害者の保険会社からの支払いを立て替えると言う意味です)あなたが加害者の場合は刑事責任においての情状酌量のひとつになりますから、出来れば支払うようにしましょう。

保険を使わず被害者が全額負担もあり得ます。警察に届けたうえで保険は使わないがちょっとした傷だった場合です。これくらいの負担はいいやーと思われる方もいます。

保険を使わない場合は基本的に被害者に健康保険での診察を行ってもらい、加害者が負担する事が多い様です。

病院が加害者の保険会社に直接請求する事は病院によっては可能です。加害者の保険会社とやりとりして病院に承認してもらいましょう。

物損事故扱いで警察とのやりとりを終え、鞭打ち等の症状が診断された場合は人身事故扱いに変えてもらう事も可能です。

加害者はできるだけ被害者の治療費を立て替えよう

被害者心理しては被害者側なのに費用を支払わなければいけないのか?と思うのが一般的なようです。加害者が任意保険に加入していれば全額戻ってきますが、実際に財布からお金が出ていっている事実や、怪我の内容によってはお金を出す行為自体が納得できないと言う部分があるためです。

また、入院が必要になると入院保証金などが必要になる病院もありますし、近くに家族や友人がいない様な場合、簡単な入院セットなども売店などで用意しなければなりません。当座の入院費用を支払い誠意を見せるべき理由は2つあります。

1、入院費用や入院セットなどの購入のためのお見舞い金をすぐに支払う事で示談交渉がやりやすくなる。
2、刑事責任が問われるような事故の場合、情状酌量の判断材料になり刑が書くるなるかもしれない。

領収書のある入院費用は保険会社へあとで請求できますし、お見舞い金も領収書の有無で出費を確認しなくても加害者の請求により支払われる事の方が多い様です。事前に保険会社に問い合わせてください。事故の内容によっては保険会社から見舞金の支払いを拒否される事もあります。この場合は自腹を切るかどうかご自身でご判断ください。

自賠責保険の場合は、3日以上の怪我の入院で3万円となっているようです。

自賠責保険の仮渡金・内払金

<

仮渡金は、被害者が治療費を立て替えられる経済状況ではなく、加害者も支払える状況で無い場合、自賠責保険に書類を提出し1週間ほどで仮渡金を受け取れる制度があります。ケガの重さによって5万円、20万円、40万円のいずれかを1回だけ借りうけする事が出来ます。(ちなみに死亡の場合、葬儀費用などの為に290万円受け取る事ができます)

内払金は、怪我の治療が長引く場合、まだ全体の損害額が確定してませんが急を要するということでそれまでに確定した損害額の中から10万円単位で受け取る事が出来ます。初回のみ治療費が10万円を超えるひつようがあります。

この二つの仮渡金と内払金は両方請求することもできますので、お金が無くて初期治療が全く行えないと言う事態はほとんど発生しませんのでご安心ください。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>