最新ニュース
Home » 保険情報 » 示談 » 交通事故の示談って何?
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の示談って何?

示談とは、交通事故を起こした場合、加害者が被害者に対して支払う賠償金を決める裁判を行わずに、話し合いで解決する事を言います。
交通事故の賠償問題の9割以上が示談で解決しており、通常は過去に起きた同様もしくは類似する裁判の判例を元に賠償金の有無や金額を確定させていますが、双方が合意すれば判例の金額に従う必要はありません。賠償金が0円でも良いですし、1兆円でも構わない事になります。(基本的に税金はかかりませんが、度を超えた額の場合調査が入る事があるようです。)また、最長で数年もかかる裁判と比べれば、最短で数日で解決する事も示談が好まれる理由の一つです。

示談交渉は、被害者と加害者で行います。加害者が複数居る場合、複数人での示談交渉でも、まずメインとなる2者による示談解決後に加害者と残りの加害者で支払いの割合を示談などで決める事も出来ます。
加害者が国民の約7割が加入している自動車保険の任意保険に入っている場合、今はほとんどの保険商品には示談代行付きとなっていますので、担当者が交渉を行うことになります。

示談交渉はその他代理人も選定できます。無償であればだれでも代理して構いません。 有償の場合は弁護士に限ります。 有料で弁護士以外の人が代理交渉を行うと罪となり、この様な人の事を代理屋と呼ぶ事もあります。

第3機関が介入する示談

示談交渉がうまくいかない場合、すぐに裁判としても良いのですが、第3者を間にはさんで示談交渉を行う事も出来ます。 間に入る第3者はおおむね専門知識を持つ弁護士や過去の判例に詳しい裁判官などが務めます。
また、裁判中も判決を待たずに示談する事も出来ます。

  1. 民間の示談あっせん機関で弁護士を間にはさみ示談
  2. 民事調停で裁判官や弁護士などをはさみ示談
  3. 裁判 裁判中に裁判官の話などを聞きながら示談

民間の示談あっせんは交通事故紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターと呼ばれる機関が行います。

過去の判例に詳しい弁護士や裁判官が間に入る事で、裁判の結果の予想が出来るため、長い時間をかけて裁判をするよりも示談にしてしまった方が良い事が多い事も示談率が高い理由です。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>