最新ニュース
Home » 保険情報 » 示談 » 交通事故の示談交渉に必要な準備や心構え
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の示談交渉に必要な準備や心構え

加害者の任意保険の示談代行のオプションがある場合、交通事故の示談交渉は被害者と保険会社で行われます。

示談は、過去の裁判の判例などを元に損害賠償額等を決めていくのですが、もちろん加害者が超お金持ちで、被害者に対して思い入れがあれば「社会通念上それにふさわしい金額」の範囲内であればいくらであっても合意が出来ます。この損害賠償で得られる所得については基本的に非課税です。お金を誰かに譲渡するために事故をでっち上げ法外な金額な慰謝料を渡し脱税出来るのではないか?と思われた方もいるとおもいますが違法なので止めましょう。ばれる可能性は勿論ありますので。

示談交渉で一番重要なのは心構えが出来ているかどうか

交通事故の場合、怪我や後遺症などを抱える事があります。基本的に示談交渉は治療後(全快と言う意味ではありません)や後遺症の症状が固定してから始まりますが、冷静な判断ができる心構えになる前は行わない方が良いでしょう。特に女性の方で顔などを怪我されてしまった様な場合ショックが大きい事から示談を行う気力が出ないかもしれません。この様な場合は、弁護士や家族など代理人を立てる事が出来ます。信頼のおける方に依頼しましょう。

示談交渉前の準備とポイント

  1. 録音機材の準備。
  2. 本やインターネットなどで基本的な仕組みを理解する。
  3. 1度目の保険会社が提示する金額はたいてい低い額なので心構える事。
  4. 示談交渉で必要な書類を準備(交通事故証明書など)
  5. 自分の意見をまとめておく
  6. 納得がいくまで何度でも話し合を開く
  7. 示談を急かされても合意する必要はない。
  8. 相手に押し切られて示談に応じない
  9. 民事調停や日弁連交通事故相談センターなど第三者を入れての示談もあるので心のゆとりを持って話し合いましょう。

示談の相手は示談交渉に慣れ、訓練を積んでいる示談担当者です。それほど額の大きくない示談交渉の場合は、口コミになってしまう様な酷い内容の提示や口調ぶり等は少ない様ですが、被害者の要求が度を越している場合や賠償額が高額になる場合はかなり揉める事もあります。 相手の担当者が嫌いになる事もあるでしょう。基本的に保険会社の多くは担当者の変更は受け付けていませんが苦情などを入れる事もできます。 基本的に意見が食い違う相手との話だとおもって臨みましょう。

重い障害などを抱えてしまった場合、損害賠償についての知識の有無で1億円近く支払われる損害賠償額が変わる事もあるようです。保険会社も営利団体ですので出来る限り賠償金は低く抑えたいと言うのは解りますが、後遺症がのこっていますので正当な賠償額で示談したいものです。 内容について決めつけや、否定などをしてくるかもしれません。この様な場合は自分で判断するのではなく弁護士や交通事故相談センターなどに相談しましょう。 インターネットなどで得た知識で、あれもこれも賠償出来るはずだ!と交渉しても、実際の裁判では支払われない事は勿論あります。 一体何が請求できるのか?などについて専門家の意見を入れつつ交渉しましょう。

いずれにせよ最終的に得られるべき賠償額は、「妥当な賠償額」です。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>