最新ニュース
Home » 保険情報 » 示談 » 交通事故の示談書の強制力と作成方法
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の示談書の強制力と作成方法

示談交渉で示談が成立すると被害者が加害者に何らかの補償を行います。任意保険に未加入の場合、基本的には口約束で済むと言えば済みます。しかしそのまま賠償金などの支払いを行わなかった場合に打って出る手が無くなるため、示談書と呼ばれるものを通常作成します。 任意保険に加入されている方は、保険会社からの賠償金の支払い等もありますので証拠として保険会社から示談書が渡され、必要項目に記入した後に捺印し示談成立とする事が多いでしょう。

示談書には決まった形式はありませんが書くべき内容がいくつかあります。任意保険が無い場合などは注意して作成しましょう。テンプレートもありますのでこちらをご利用ください。

示談書で最低限必要になる項目

  1. 交通事故の発生場所と日時
  2. 双方の名前及び現住所・事故当時の住所
  3. 車の登録番号及び車種
  4. 事故の内容、被害者の容体などの被害状況
  5. 示談の内容(賠償金額・支払方法・支払期日・支払条件・分割方法・支払い遅延時の違約金割合)
  6. 示談書の作成年月日
  7. 記名捺印(未成年の場合は親権者)

出来れば、2枚同じものを作成し記名捺印を行いお互いが持っている状態が好ましいです。

「本件事故が原因で、将来被害者が後遺障害と診断された場合、別途協議すること。」というような文面は必ず書きこむようにしてください。

示談書で何が出来るの?強制力はあるの?

<

示談はあくまでも双方の話し合いの結果となりますので、強制力はありません。示談書はその後に裁判などを行うにあたっての協力な資料だとおもってください。

たとえば強制執行が出来るよう、被害者と加害者が一緒に示談書を公正証書にしておく事も良いでしょう。 これを行わないと、強制執行のために一度裁判を行わなければなりません。強制執行認諾条項といった同意項目が無ければ執行できませんご注意ください。 そして、できれば金融機関の口座・担保になるような不動産・連帯保証人などを明記してもらいたいのですが、これがなかなか難しいです。ほぼ同意には至らないと思います。

強制執行には強制とありますが、民事裁判で勝ったとしても賠償に応じない人も居ますし、自己破産されるとほとんどの場合でどうしようもありません。相手の誠意などもふまえつつ、示談を行う事が必要です。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>