最新ニュース
Home » 保険情報 » 損害賠償 » 交通事故の裁判で必要な弁護士費用・訴訟費用の内容とは
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故の裁判で必要な弁護士費用・訴訟費用の内容とは

交通事故の損害賠償で示談が成立しない場合は裁判になり弁護士を雇う必要が出てきます。 この時の費用は着手金や・訴訟費用などがありますが、すべて裁判が終わった後に支払うことになります。 これらの費用は事故が無ければ発生しなかった損失ですから一部損害として認められており、損害賠償額の10%ほどの弁護士費用がこれに当てられます。

弁護士はボランティアではありませんので、裁判の際には弁護士費用が必要になりますがどのような費用が必要になるでしょうか?

弁護士・訴訟費用の内容

  • 着手金 – 依頼する時に支払う費用。最近は無料の弁護士もいます。
  • 経費 – 調査費用・通信費・コピー代など裁判のための資料にかかった費用です。
  • 旅費・日当・交通費 – 弁護士が調査のため遠隔地に出張した時に支払ったり、移動のためにかかった費用です。
  • 報酬金 – 事件が解決した時の損害賠償額に応じて支払います。
  • 訴訟費用 – 裁判所に対して民事訴訟費用を支払うための必要な費用です。
  • 予納郵送 – 相手に訴状などを郵送する時にかかった費用です。

着手金や報酬金の額については、日本弁護士連合会や単位弁護士会統一の報酬基準が平成16年以前には存在していました。現在でもこの基準で報酬額を決める方が多い様ですが、一部無料にしたり固定化している弁護士も増えているようです。参照:交通事故の裁判の弁護士費用はどれくらい?着手金・報酬金とは

一般的に裁判の費用は裁判の結果や請求額によって決まると思っている方が多い様ですが、いろいろと経費もかかりますし、場合によっていは1日の出張や裁判で代理で出席してもらうだけで10万円程度かかる事もあります。示談交渉の際、求める賠償額との差が200万円以上の場合おおむね裁判を行っても損をしないのではないかと考えられています。請求する賠償額との差がそれほど離れていない場合は、出来るだけ安い費用で裁判を請け負ってくれる弁護士をインターネットなどで探す必要があります。

逆をいうと、弁護士を雇わないと裁判よりもそれなりに低い額でじだんしなければなりませんので、自動車保険の「弁護士費用特約」などに加入することで無料で弁護士の力を借りる事が出来るため、運転機会が多い方(理論上事故にあう確率の多い方)にとってはお勧めの特約となっています。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>