最新ニュース
Home » 保険情報 » 傷害事故 » 交通事故後の後遺障害等級の認定・支払額決定までの流れ
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故後の後遺障害等級の認定・支払額決定までの流れ

後遺障害等級は最終的には裁判所が認定しますが、その前に保険会社(調査事務所)が認定します。裁判所もおおむねこの等級を尊重しているようです。

後遺障害等級認定の根拠として医師から診断書や後遺障害診断書、意見書などで現在の症状などを書いてもらいます。

以前は医者も後遺症の等級についての意見を書き込んでくれていたようですが、色々と面倒な事が起きるため、後遺障害診断書の発行も拒否する様な病院も増えているようです。

弁護士等の見解では、後遺障害診断書が発行されない場合は転院したり、診断書のフォーマットを用意したりするなどして書いてもらうという方法を取る方もいるようです。

病院は後遺障害診断書を書きたくない!そもそもこれは何?

怪我の後遺症の具合の認定ですから、一般的には医師が認定するものじゃないの?と思われている方が多い様ですが上記の通り違います。

他サイトでは、後遺障害診断書を絶対書いてもらおう!という記事を良く見かけますが、診断書は発行するが後遺障害診断書は発行しない方針の病院がかなりあるようです。

  • 交通事故の紛争に巻き込まれたくない
  • 書かなくても病院は重大な問題にならない
  • 後遺障害診断書は書くのに時間がかかる

といった理由があるようです。本来医師が認定するものではありませんし、保険会社の認定が診断書の内容からそれていると感じた場合など、病院へ連絡が来る場合もあり時間や手間がかなり取られます。以前等級の見解を書いていた頃は、裁判などでの結果と異なる等級を医師が示したことでクレームが入ったり擦る様な事があったようです。

後遺障害等級認定・支払いまでの流れ

  1. 医師の診断書や後遺障害診断書と共に自賠責保険の後遺障害補償請求を行う
  2. 損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所で書類を受け取り調査が行われる
  3. 損害保険料率算出機構による調査
  4. 損害保険料率算出機構より後遺障害等級を査定・認定が行われ損害保険会社に調査結果を連絡
  5. 損害保険会社より保険金の支払額が決定される

おおむねこのような流れになります。後遺障害の認定にに納得できない場合は、認定後でも自賠責保険後遺障害審査会の審査を受けることができます。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>