最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 交通事故後の示談でもめたら民事調停として仲介に入ってもらおう
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故後の示談でもめたら民事調停として仲介に入ってもらおう

民事調停とは裁判官が加害者と被害者の言い分を聞き、実況見分書などをふまえ法律や判例に照らしてどちらの言い分が正しいかを決める制度です。

加害者でも被害者でも申請する事ができ、調停委員達と共に当事者同士の紛争の円満な合意を目的としており、ここでも不成立となると裁判となります。

交通事故の民事調停はどんな時に利用するの?

被害者の場合は損害賠償金の請求。加害者は被害者に支払う損害賠償額について合意を話し合うのですが、問題はなぜ調停に至るのかという部分です。

  • 相手から暴力団・もしくは脅しとも取れる接触がある場合 – 基本的に任意保険に加入していると保険会社が示談交渉を代行してくれますが、もちろん当人が交渉する事も可能です。判例や法律を参考に示談金は決められるのですが脅しの様な圧力のある方が頻繁に連絡してくる様な場合などに利用される事があります。
  • 示談交渉が決裂したけど長い裁判は嫌なとき – 示談がダメなら裁判となりますが、裁判は最高裁まで行くと何年もかかります。日弁連交通事故相談センターから派遣される弁護士を間にはさむ機関もありますが、こちらは調停の民間版のような制度と言われています。
  • 相手(本人や自動車保険の担当者)が圧力的で負けそうな時 – 示談交渉の際、自動車保険の担当者によっては、アレも出来ない。これも出来ない。とどんどん損害賠償金が減らされ、どうも信用が出来ない。こういう場合にも利用できます。
  • 相手が賠償金を払えそうも無い時 – 示談が成立しても支払われない事があります。通常の流れでは裁判で賠償金を確定し支払いの命令を出してもらうのですが、それほど費用もかからないため、民事調停で第3者を挟んで円満に支払ってもらえるよう計画をしてもらう話し合いの場として利用するケースがあります。加害者に対し強制執行を行う権利もありますので、日弁連交通事故相談センターの様な機関よりも効果があると言えます。

調停の出頭には強制力がありません。調停委員の判断にも強制力もなく貧弱な制度の様に一見見えますが、揉めている当事者たちを合意させる為の方法を色々ともっている民事調停です。

相手方の住所を管轄する簡易裁判所で調停の申し立ては可能です。費用も希望する損害賠償額で変わりますが、数千円から数万円で済みます。 相手に支払い能力が無い場合、裁判でビシッと決めてしまうのも良いのですが、それでも支払われない事があります。相手の経済状況など考え、少しづつでも出してもらえるよう根気強く交渉した方が良い場合もあります。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>