最新ニュース
Home » 保険情報 » 損害賠償 » 交通事故後の鬱病による自殺の損害賠償
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故後の鬱病による自殺の損害賠償

交通事故では様々な後遺障害がつきまといます。脳機能や四肢の麻痺、怪我で見た目が変わってしまうなど被害者が自殺してしまう事は少なくありません。

交通事故が原因で精神疾患を患い自殺してしまった場合、損害賠償はどうなるのでしょうか?

交通事故による何らかの影響で自殺してしまった事が証明できれば損害賠償(死亡慰謝料や逸失利益)を請求する事は可能です。ただし保険会社によっては事故と自殺の因果関係が無い事を主張する事もあり、事故から年数がたてばたつほどこの証明は困難になる事が多い様です。認められる場合でも賠償額が全て出るとは限りません。

交通事故後の鬱病による自殺と認められる為にすること

やや過激なタイトルですが、もしあなたが自殺を考えている場合、まずカウンセリングを受けましょう。これの効果は2つあり、1つは交通事故が原因のうつ病であるという診断という証明が出来ます。2つ目はカウンセリングにより自殺を思いとどまる可能性があると言う事です。

遺族が事故と自殺の因果関係を証明する際に、うつ病という診断結果が無い場合はかなり困難になります。裁判で因果関係が証明された事例としては、災害神経症(外傷によって生ずる心因性の神経症状態の総称)がうつ病に発展しやすいといった統計的データやこれによる自殺率が全国平均と比べて高いといった主張が認められるケースがありました。ただし、心因的要因(自己以外の心理的な原因)もあるとされ、全体の2割程度の賠償になりました。

この様な裁判はかなり専門的な知識と調査のための時間などが必要になるため、過去に同様な裁判を受け持った事のある弁護士などを探しお願いするなどが必要になると思います。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>