最新ニュース
Home » 保険情報 » 事故発生 » 交通事故時の信号の色(赤・黄・青)を証拠を証明する方法
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故時の信号の色(赤・黄・青)を証拠を証明する方法

交差点での事故ではドライブレコーダーで正確な事故の瞬間の信号の色は解ります。しかし以前はどうしていたのでしょうか?

交差点での事故では、一方は低速で一方は高速(急ブレーキ)の割合が多い様で、赤信号の停止から前進や左折を開始した直後に横から当てられるケース。信号を右折するケース(対向車の通過を待っている場合は勿論低速ですが、それ以外でも信号の右折は徐行しています。)これらの事故の信号無視(黄色信号での踏み込み含み)、信号の見落とし(脇見)対向車の確認無視などがあります。いずれにせよ損害賠償金は過失割合に大きく影響するのが事故の際の信号の色になります。

事故の瞬間の信号の色を証明するには

示談の際、信号の色について意見が食い違う事はよくあります。

  • ドライブレコーダーで確認 – これは確実に解ります。最近は安価で性能のよい機材も増えてきたので運転の機会が多い方は特にご購入をおすすめします。
  • 近くに防犯カメラ等があれば確認してもらう – ちょうどよく信号の色もしくは横断歩道用の信号などが移っていれば信号の色が確認できます。
  • 目撃者に証言してもらう – 偶然近くで見ていた方に証言証言してもらいます。ただし、信号の色をハッキリ覚えている人はあまり多くありません。参考人供述調書として重要な書類になります。出来れば複数の方の証言が欲しいです。
  • 後続車に証言してもらう – 以前はこの方法が主流でした。前を走っている車は後続車が事故をしてもあまり止まってはくれません。後続車は有難い事に止まってくれる事が多く、負傷者の救護や危険防止措置もしてくれる方も居ます。同じ路線を走っていましたので信号の色も確認していますから、一番正確な第三者の証言として記録されます。こちらも参考人供述調書として重要な資料になります。
  • 事故の時間が正確に解るなら色も解る – 殆どありえませんが、信号機は一定の期間で変わる事から、正確な時間と秒が解れば信号の色は証明できます。たとえば電波時計など正確性が高い腕時計などが事故の衝撃で止まっている等の場合は証明できる可能性があります。警察署で行政文書公開請求を行えば信号サイクルを知る事ができます。

事故の瞬間の信号の色を後続車に証明してもらおう

ドライブレコーダーの普及率も年々上がってきてはいますがまだまだ足りないのが現状です。後続車や同時に走行していた車の証言がもっとも重要でした。

しかし被害者が亡くなっていた場合、基本的に加害者からの証言しかありません。(実況見分まで後続車の運転手などが付き合ってくれている場合は変わります)自分に不都合があれば証言を控えるなどの可能性は十分にあります。ご遺族の方は根気よく目撃者や防犯カメラなどの証拠を探さなければなりません。

交通事故の損害賠償金は過失割合でガラリと変わります。100対0の割合になった場合任意保険や自賠責保険から保険金を受け取ることができなくなります。この過失割合を決める為の一番重要な書類が警察の実況見分(現場検証)です。

過失割合は当事者同士で話し合って決めるものではなく、交通事故の状況を過去の判例等に照らし合わせ決めることになりますが、その際に重要になるのが警察の実況見分調書であり、被疑者供述調書(加害者の調書)・参考人供述調書(目撃者(後続車含め)・同乗者・の供述調書)です。

考えられる事故時の信号機の色

信号機がある交差点での事故の場合、一方が青信号で一方が赤信号、もしくは一方が黄信号で一方が赤信号、赤信号同士の3パターンです。(青信号同士はありません。考えただけで怖いですものね)

ここで加害者・被害者両方が、自分の信号は青だったと証言することがあります。自分に有利になるような嘘をどちらかがついているか、脳の障害などしか考えられません。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>