最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 交通事故紛争処理センターにも間違いはある。裁判で損害金が2倍になる事も
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

交通事故紛争処理センターにも間違いはある。裁判で損害金が2倍になる事も

お互いの自動車保険会社同士の話で示談として解決するのは9割。 この9割という高さは、示談で決裂し裁判に通常行く所、裁判期間の長さや手間などを考え、日弁連交通事故相談センターや交通事故紛争処理センターという第三者機関を入れ、過去の裁判例などを元にお互いが納得し示談を行うと言う機関があります。

自動車保険会社はできるだけ損害賠償金は抑えたいという部分に対し、これらの機関は営利目的で損害額を提示しません。 元裁判官や弁護士、大学の教授などが審査することもあって多くの方は納得して示談に応じるようです。 しかし過去に類似する裁判例が少なかったり内容が微妙に違う様な場合、裁判と彼らの判断が異なる事も稀にある様です。

交通事故紛争処理センターが提示した損害額が裁判をしたら2倍に

これは、過去の裁判から約1億2600万円での示談が提示されたものが納得できず、裁判をしたら総額2億4300万円になったと言う判例がありました。 交通事故紛争処理センターでは裁判ではこの額になるだろうからという事で提示しているのですが、この差は何だったのでしょうか?交通事故紛争処理センターは信用できる機関ではないのでしょうか?

内容を見ると、交通事故紛争処理センターは正しい判断をしたと思います。落ち度はありませんでした。 何が問題でこれほどの差になるのでしょうか?

内容は、事故により視力を失い家族が介護に当たると言う内容で双方の保険会社の協議が行われ、損害賠償金の金額が提示されました。 この結果に納得がいかない家族は交通事故紛争処理センターへ助けを求め判断を求めた結果が約1億2600万円でした。 その後それでも納得が出来ない家族が弁護士に相談。 前提としての家族の介護が不可能とし常時介護に必要な外部サービスなどに必要な金額なども試算。 さらに家がバリアフリーではなかったため住宅の改装費も計算し裁判に挑んだ所2億4300万円の賠償額が認められたと言う内容です。

交通事故紛争処理センターでは、提示された条件での示談金を提示したものです。 前提が事なってしまえばこの様な事も考えられると言う事でした。 重い障害が残る様な場合、家族は色々と覚悟を決めなければなりません。この覚悟が感覚を鈍らせる恐れもあります。 結果を急ぎ過ぎず、出来るだけ弁護士等に相談する事をおすすめします。 なぜなら1億2000万円もの差が出る場合がある為です。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>