最新ニュース
Home » 保険情報 » 基礎知識 » 任意保険は必要?億越えの損害賠償金例
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

任意保険は必要?億越えの損害賠償金例

momotetu

自賠責保険と異なり、任意保険とよばれる自動車保険は加入が義務づけられていません。加入率を見てみると最も低い沖縄の場合、対人賠償保険で52.3%。2台に一台は加入されていない事になります。そして最も高いのが大阪で 82.1%。これは。。ごねる方が多いからでしょうか?攻撃的な人が多い印象のある大阪ですが自衛のための準備もしっかりしている所が下高とも言えます。

保険に入らない理由として、ほとんどは高くて加入できない。。という事があげられます。この点も沖縄は納得です。 そして加入する意味が感じられないと言う部分もあります。 この点も離島の多い沖縄の場合、事故の確率が都会に比べると極端に下がる為に地域の常識として加入の必要無しと感じている部分があるのかもしれません。

なぜ任意保険に入るの?

理由は3つあります。

  • 被害者への損害賠償
  • 自分の怪我の保障等
  • 車の修理・買い替え費用

対人や対物の保険の加入率に加え、車両保険は加入率の約半分。沖縄で 24.5%大阪で 49.6%共にワーストとトップとなっています。 沖縄にご旅行に行かれた事のある方は感じると思いますが軽自動車の比率がとても高く51%と全国No1.これも原因の一つかもしれません。 大阪は分母が大きいので当然と言う結果ですが、頑張って高い車を買う方も多い印象があります。

高額な損害賠償額トップ3!

対人事故 人身事故の賠償TOP10はこちら

認定総損害額 判決年月日 被害者性年齢 被害者職業 被害態様
3億8,281万円 2005年 29歳 会社員 後遺障害
3億5,978万円 2004年 25歳 大学研究科在籍 後遺障害
3億3,531万円 2004年 32歳 銀行員 後遺障害

対物事故 対物賠償のTOP10はこちら

認定総損害額 判決年月日 被害物件
2億6,135万円 1994年 高級衣服
1億3,580万円 1996年 パチンコ店へ突っ込んだ
1億2,036万円 1980年 電車との衝突

桃鉄の赤マスですと。。20年目以降位の額でしょうか?これは裁判で支払うよう決定されたものです。 多くの保険で対人・対物無制限という形でこれらの損害金を保障していますが、ピンと来ない数字でが自己破産という形を取らざる得ないかもしれません。

自己破産するなら保険はらいないのでは?

一つの考え方だとは思いますが、被害者に申し訳が立ちませんね。賠償金が高額になるケースとして、重い後遺症があげられます。首から下の麻痺はもちろん脳機能障害により眼球しか動かせない様なケースで相手が任意保険に入っていない場合などは想像を絶する人生が待ち構えています。 頻繁に車に乗る方、交通量が多い地域に住んでいる方、スピードの出やすい場所を比較的走行しやすい方(北海道など)は是非深く検討して頂ければと思います。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>