最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 保険金詐欺の有無は保険会社が証明しなければならない。
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

保険金詐欺の有無は保険会社が証明しなければならない。

自損事故などで自動車保険会社が気をつけているひとつが保険金詐欺です。 日本は修理費用などがかなり高額になりますが実際自分で修理できるものも多い事から、差分をだまし取ろうとしたり、(台湾などでは簡単な板金修理で1万円程度で済んだりします。一方日本は10万円程度はかかりますね)重大な故障をしてしまった車を故意的に破壊し、壊れる前に売れたであろう査定の金額をだまし取ろうとします。

偶然事故を起こしてしまった時に調査などが曖昧だった経験から詐欺を働く方がいるようですが、見つかれば罰せされます。くれぐれも行わないようにしましょう。

怪しい事故は保険会社が支払いを拒否し裁判を起こす事があります

以前は怪しいと思われた場合、保険会社が裁判を起こすなどして車を壊した当人が正当性を証明する必要がありましたが、今は保険会社がこれが詐欺なのか事故なのかを証明する形となっています。 これが案外多く、立件分だけで年間数百件。被害額は億を超えるようです。 相手が複数の自動車保険に加入していたり、会社の保有車両が事故にあったので休業損害金として数千万の損害金を受け取ったが会社がペーパーカンパニーだったりする様な場合など裁判になるようです。

ブレーキアシストシステムで自動車保険金詐欺が減る?

ドライバーアシスタンスシステム や 衝突予知緊急ブレーキシステムで最新の車に導入されている自動ブレーキシステムの導入で保険金詐欺も減るのではないかといわれています。故意的にどこかに衝突してしまったと言う保険金詐欺はまずこのシステムの車だと成立しにくくなります。 現在は低速時の緊急ブレーキが主流ですから、高速でどこかに衝突すれば話は変わってくるのですが、自分の怪我もただでは済みませんし、ブレーキ痕が不自然についてしまうなどデメリットが多すぎます。 自動車保険金詐欺の立証を保険会社がやらなければならなくなったことから、このシステムに期待している保険会社も多い様です。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>