最新ニュース
Home » 保険情報 » 傷害事故 » 傷害事故の損害賠償額の支払基準項目と計算方法
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

傷害事故の損害賠償額の支払基準項目と計算方法

傷害事故の損害賠償額は、丁寧に内容を調べ算出するわけではなく定型化されているものに照らし合わせ損害賠償額が決まります。ひとつに、交通事故の傷害事故の件数が多すぎると言うのもありますが、事故の種類はそれほど多くなく、怪我も病院にかかる必要が無い物がほとんどの物という側面もあります。

この損害賠償額の支払基準になる定型は、自賠責保険の支払基準・任意保険の支払基準・日弁連の支払基準がありそれぞれ異なっていますが、これは示談に向けた基準であり、最終的な判断は裁判の結果にあります。

傷害事故の損害賠償額の計算項目

損害賠償額の算定にはこの3つの要素があります。

  • 積極損害 – 被害者が出費を余儀なくされる損害(治療費・入院費・葬儀費用・介護費用・通院交通費など)
  • 消極損害 – 、将来確実に発生すると出費(休業損害や後遺障害や死亡による逸失利益)
  • 慰謝料 – 精神的苦痛における慰謝料で固定された金額が提示されるのが一般的です。

積極損害は費用が出ていくもの、消極障害は利益が減っていくものと思ってください。

被害者の過失により損害賠償額が減ります。

損害賠償額は過失相殺や損益相殺により減額があります。一般的に、○対○の過失割合や、○○%の過失が認められる等の様な言い回しで呼ばれますが、被害者にも悪い部分があったと認められればその分賠償額から引きましょうと言う事です。20%の過失相殺があれば、全体の賠償額からその分が引かれる事になります。(ただし自賠責保険の損害賠償額は被害者に重大な過失がない限り減額は行われません。)

傷害事故の損害賠償額の支払基準

積極損害(治療費・入院費)

日弁連基準 自賠責保険基準
治療費・入院費 実費全額が認められる。 診察料・入院料 実費全額が認められる。
交通費 原則として実費が認められるがタクシー代は怪我の内容による 交通費 原則として実費が認められる
付き添い看護費 職業付添人(職業介護)の場合は実費全額
近親者は1日5500~7000円(将来の看護日としては少し上がり、8000~9000円となります。
看護料 医師の判断で看護師等の看護費用が認められる。
入院雑費 1日1400~1600円 院雑費 1日1100円
義足・車椅子等 購入費・処置料など 義足・車椅子など 購入費・処置料など
その他 家の介護用リフォーム費用・介護用品の購入費 その他 家・自動車のなど介護用の改造費、子供の学習費・保育費など

消極損害(休業損害)

日弁連基準 自賠責保険基準
事故前の現実の給与所得額・事故前年の所得税の確定申告額・賃金センサスによる平均賃金で計算しますが無職の場合は原則休業損害はありません。事故後にする仕事を止めると保険会社から支払いを拒否される事があります。 1日につき基本5700円だが証明できれば1万9000円を限度として受け取る事が出来る。

慰謝料

日弁連基準 自賠責保険基準
入通院慰謝料を基準として計算するが症状が重い場合加算可能(上限の2割り程度まで) 1日に付き4200円

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>