最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 処方箋自賠責保険請求の中断
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

処方箋自賠責保険請求の中断

損害賠償金は自賠責保険と任意保険どっちから貰えば得?自動車を購入すると、まず自賠責保険という強制的に入らなければならない保険があります。これは被害者の保護を目的とされ、必要最小限の補償ということで死亡時には最大で3000万円まで、後遺症は4000万円まで賠償金として受け取る事が出来ます。(被害者の過失の内容にもよりますが、基本的に限度額を受け取れます)

しかし、被害者が若い方の場合など機会損失額も多く賠償金の額がこれを上回る事があり数億円になる事もあります。 そのために約7割の方は任意保険として自動車保険に加入し、事故の場合は無制限で賠償金を保障してもらえるような契約にしています。(任意保険は過失割合に応じて過失相殺されます。)

仮に被害者が1億円の損害賠償金を受け取れる場合、自賠責保険と任意保険のどちらから保険金を受け取る方が得になるでしょうか?重い後遺症を抱えた場合など、まず自賠責保険から4000万円を受け取り、その後示談や裁判で6000万円を任意保険から受け取る方法と、任意保険から一括で1億円受け取る方法の2種類が勝考えられます。

  • 任意保険で1億全て受け取る – 自動車事故の示談率は約9割と高いのですが、億に近い賠償金になると裁判になる事があります。裁判になると最高で最高裁まで争う形となり賠償金を受け取れるようになるまで何年もかかってしまいます。しかし「遅延損害金」という利息の様な形で(遅延損害金=損害賠償認定額×0.05)の計算により遅延金が支払われる事から、逆にいえば裁判が長引けば長引くほど支払われるお金が増える事になります。
  • 自賠責保険4000万円を先に貰う – 重い障害の場合、すぐに職場に復帰は出来ない事が多いでしょう。自賠責保険の保険は相手との示談や裁判で額が決定するのではなく損害調査による調査によって支払われる為長くまたされることはありません。 このため、お金に余裕が無い方は先に自賠責保険を受け取り、残りの6000万円を示談・裁判で争う手段を取ります。 1億円の5%と6000万円のの5%ではほぼ半額ですから、貰える遅延金の額もかなり変わります。 お得なのは一括で任意保険です。 お金を借りるにしても金利は5%を超える場合がほとんどですから。

自賠責保険の請求権は3年が時効

任意保険で一括で貰う方が得だから、自賠責保険は受け取りを先延ばしにしよう!という選択を取られる方にも落とし穴があります。 ほおっておくと3年で請求出来なくなってしまうのです。 このため、損害保険会社に「時効中断申請書」を提出し、2年間更新で時効期間が猶予される仕組みもあります。

任意保険で一括で貰えるから時効は気にしなくても良いのでは?と思うのですが、もしも裁判が3年以上続く様な場合、生活費などが予想外に足りなくなってしまうかもしれません。 この様な場合、途中から自賠責保険でお金を受け取り、残りを引き続き裁判で争うと言う事も考えられます。 裁判で3年以上というのはほとんどありませんが、どうも裁判が長引きそうな気配がある場合は自賠責保険には時効があると言う事を覚えておきましょう。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>