最新ニュース
Home » 契約者の性別の違いによる自動車保険の割引

契約者の性別の違いによる自動車保険の割引

男女差別が騒がれて久しい日本でも、自動車保険の料率では男女による差を設けても良い事とされています。

保険業法施行規則第十二条の保険料及び責任準備金の算出方法書の審査基準等では

基本情報

男子と女子の純保険料率間の格差が一・五倍以下であること。

という記載になっています。

つまり、1.5倍以内であれば差を設けても良いと言う事です。

あとは、自動車保険会社の判断によって、男女のどちらかに対して、割増や割引を行う区分を設ける事が出来るようになっています。

実際は、膨大な事故データを元に、どちらの方が事故率が高いか?によって計算し決められていくのですが、この区分を利用しているほとんどの会社は女性の方が若干保険料が高くなるように計算されているようです。

また、男女で支払われる保険金が異なる事も一つの要因です。

関連記事:男女で交通事故の損害賠償額が違うのはなぜ?

当サイトでは色々な会社を見比べ、男性の場合は1%割り引く計算式にしています。
基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>