最新ニュース
Home » 保険情報 » 示談 » 損害保険リサーチってなに?損害保険調査会社対策
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

損害保険リサーチってなに?損害保険調査会社対策

損害保険リサーチとは、損害保険調査会社と呼ばれる調査機関です。
調査する内容は、事故時の状況の調査や事故後の後遺症などが本当にあるのか?など、過失割合や賠償金額の決定が妥当なものなのか?を調査し、保険会社からの依頼で調査を行います。

交通事故の示談交渉でお互いの主張が異なり、目撃者やドライブレコーダーなどの確証が無く、双方で揉めてしまっている場合などに利用されます。
主に過失割合についての調査で動く事が多いようです。 過失割合は本来裁判で決められる事なのですが、保険会社も事故の当事者も面倒な裁判にはあまり発展したくはないと言う方も多く、損害保険リサーチなどの調査結果を元に、保険会社があらためて示談交渉を行うといった事に使われます。「損害保険リサーチ」を略して「損ポリ」と呼ばれる事もあるようです。

損害保険リサーチはどんな事をするの?

  • 交通事故の当事者と事故の再確認・再調査を行う。
  • 事故の内容の隔たりの調査
  • 死亡事故や重症事故など一方の話が聞けない場合などに調査
  • 二重・三重など複雑な事故実態調査
  • 住宅や塀を破損した場合、所有者の主張する損失額が妥当なのかどうかの調査

この様な調査が行われ、担当者には建築士や土木建築施工管理技士、建築整備士、電気主任技術者なども調査に当たります。

損害保険リサーチは自動車保険会社なのか?

損害保険リサーチ以外にも損害保険調査会社はありますが、ほぼ自動車損害保険会社の出資によって運営されています。
損害保険リサーチは様々な損害保険から出資を受けており、全国展開していることから調査を受ける割合が多い様です。

中立な立場で調査を行う事を前提とし、保険会社からの依頼で調査を行いますが、調査料は保険会社から支払われます。完全に無料な第三機関ではない為、調査される側も色々な憶測をしてしまう事もあり、評判が良くないのが現状の様です。

損保会社本体にも調査部のような機関を持っている所もありますが、これにはかなりの人員も必要な事もあり、地方の事故などには対応できません。そのため各社出資して統一の機関を作ったとも言われています。(100%出資の子会社を作っている所は出向先等の為に作ったともいわれています。)

損害保険リサーチ含む損害保険調査会社は、まったく異なる会社ですが有料の調査委託契約という取引をしている事から同等の立場とは言い切れないのではないかと思われます。 保険会社に不利な調査内容ばかりしていると。。。。皆さんも社会人でしたら解りますよね。

見た目には公平中立な第三者機関ですから、示談交渉の際に提出された資料を交渉材料として話を進めていく事になるのですが、上記のようにいささか中立とは言い難い形態を取っていいますので対策が必要になります。

損害保険リサーチなどの損害保険調査会社対策

会社によっては人身事故の場合、示談で揉める以前にかなりの割合で調査以来を行う所もあるようです。以下に、どのような調査になるのか?についてまとめてみます。依頼元である損保の依頼内容によっても変わりますし、会社によって研修内容も変わります。で目安的なものと思ってください。

  • 相手の保険会社の損害サービスから依頼がくる – 事前に調査員が事故の状況や収入保障について聞きに行きたいと言う連絡が入ります。
  • 損害保険調査会社から連絡が来る – 会える日のアポのためです。
  • 調査員と面談 – 自宅ではなく喫茶店やファミレス、スーパーなどのフードコートなどで行われる事が多いようです。
  • 録音されます。 – ICレコーダーなどで会話は全て録音されます。心の準備をしておきましょう。事前に自分に有利な発言が多かった様な場合は動揺してしまう事もあるようです。正直に話しましょう。出来ればご自身でも録音をしましょう。
  • 第三者に同席してもらおう – 同乗者が居る場合はその方、居なくても第三者の方にできれば付き添ってもらいましょう。
  • 病院名や怪我の内容など聞かれます。 – 当然聞かれます。連絡も行きます。
  • 仕事の内容や年収などについて聞かれます。 – 年収の根拠となるような確定申告書や給料明細などの提出も協力されます。就労不能期間が年月日~年月日までなのかや就労不能理由、医師の判断。治療の見込みや方針なども聞かれます。解らない場合は後日提出する形となりますので、安易に答えず会社などとも話し合い正確なものを提出しましょう。
  • 事故状況・車の位置・スピードなど様々な状況について質問されます。 – 警察に話した調書の内容や現場検証図と比較するためかなり詳しく質問されます。何メートル前で気がついたか?気がついてから何秒でぶつかったのか?クラクションを鳴らした場所は?の様な所まで質問する項目があり一つづつ答えていきます。これにより独自の現場図が作成されます。担当者もほぼ現場を見に行きます。
  • 事故状況の現場図作成に協力要請してきます。 – ミニカーを使った事故再現などもする事があるようです。
  • 矛盾があれば突っ込まれます。 – 実況見分調書の内容と矛盾があれば詳しく質問されます。 事故後に写真の撮影や内容をメモしておくべきと言う話はこの時の為でもあります。
  • 証拠資料の提出を求められます。 – その場でそろわない資料の郵送等を求められます。ほとんどがそろいませんので、メモして持ち帰りましょう。
  • 後遺症が本当か追跡調査される場合も – 本当に障害があるかどうか追跡や盗撮などされる事もあるようです。無理をして平然を装い外出など無理はしない方が良いかもしれません。
  • 社内携行品補償の場合本当に壊れたか確認される – 壊れていないのに壊れたとして保険金をだまし取ろうする方が稀に居るために確認される事があります。

表立っては言えませんが、調査会社が聞き出したい内容は、主張や実況見分調書との矛盾や、過失になる様な新発見です。歩行者や自転車で事故に遭った場合など、詳しい事故当時の内容を質問されると思います。

車など盗難された場合は対策をしていたのか?対策に過失は無かったのか?等と言った所も聞かれるようです。

損害保険リサーチの調査は適正?

インターネット上では悪い話が目立ちますが、それほど数は多くありません。人は悪口の方が声は大きくなるため、悪い話だけをうのみにするのはいかがなものかとは思いますが、調査結果を元にした保険会社の主張する過失割合が2~3割変わり、その後の裁判では10対0に戻ったと言う話などを見ると身構えてしまう事もあると思います。

事故直後の実況見分と異なり、場合によっては1時間以上も面談は続きますから、過失負担になりえる新事実が掘り出されると言う事はもちろん考えられます。

保険会社は損害保険リサーチ等調査会社の調査結果を元に示談交渉を行いますが、納得いかない場合は弁護士や交通事故紛争処理センターなどに相談しましょう。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>