最新ニュース
Home » 保険情報 » 基礎知識 » 格落ち損害・みなし格落ち・評価損とは?
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

格落ち損害・みなし格落ち・評価損とは?

乗り倒した車が事故にあってしまった時、どうせ売っても数万円なので・・・とあきらめもつきます。

しかし買ったばかりの車が事故車の認定を受けてしまう様な事故にあってしまうといたたまれません。

フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートなどに損傷があると事故車として取り扱われてしまいます。

一部の人気車種以外、事故車というだけど買取り価格が下がりますし、ポリシーとして事故車には乗らないと決めている方も多く存在してます。

無念、、安い買取り価格で車を手放さなければなりません。

事故車になった損失分を補償してもらえないんかいのぉ?

保険会社は基本的に修理費用以上は出したくありません。ついでにここもあそこも治してしまえ!という人が多いので原状回復だけだ!といわれてしまうと知らない方はそうなのだろうと思ってしまいます。

しかし

事故車により評価が下がってしまっている分を「みなし格落ち」として保障されるケースがあります。 

とはいえこれは年間でもそれほど多くないケースです。修理費が安かったり10年以上乗っている車だとほとんどダメです。さらに軽自動車の場合も厳しいようです。(支払われたケースも在るようですが)

認められる場合、だいたい事故前の評価額の1割および修理費の3割がこの損失分として支払われるケースが多いようです。

まずは修理費の見積もりをとりJAAI 一般財団法人日本自動車査定協会という協会に電話し事故減価額証明書を貰います。

証明書には○○万円といった金額が書かれていますのでこれをもって保険会社や加害者に、この分を保障してよ!といった話し合いになります。

基本的に相手側は首を縦に振りません。裁判になれば勝率はかなり高いようですが時間も手間もかなりかかるためほとんどの場合は示談金が多少上がるというケースになります。

新車で事故にあってしまった場合など、ちょっと考えてみても良いかもしれませんね!

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>