最新ニュース
Home » 保険情報 » 損害賠償 » 死亡事故の慰謝料の賠償金額は決まっている?
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

死亡事故の慰謝料の賠償金額は決まっている?

精神的損害に対する損害賠償金の事が「慰謝料」と呼ばれるものです。本来この精神的損害は苦痛の程度などを考慮して金額が決まるのですが、交通事故は基準があり定額化されています。事故件数の多さに比べ事故の種類はそれほど多くない事から精神的な苦痛の程度で1件ずつ個別に判断してしまうと不合理が生じてしまう事も定額化されている理由の一つです。過去の判例などのデータを元に死亡や入院・通院の日数という数値化できるデータを元に慰謝料は決められています。

しかしこの基準は1つではありません。慰謝料の基準は「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会基準」の3つが主に利用されています。

自賠責保険基準の死亡事故の慰謝料

被害者本人350万円
遺族1名550万円
遺族2名650万円
遺族3名以上750万円
被害者に扶養者がいる場合+200万円

自賠責保険は賠償額が決まってることから高額にはなりません。(死亡時最大3000万円)慰謝料以外にも逸失利益などもこの3000万円の範囲で補償しなければならないためです。。慰謝料の請求権をもつ遺族とは、配偶者・子・親などがあげられます。

弁護士会基準の死亡事故の慰謝料

弁護士会基準は裁判による判例を元にした慰謝料の目安です。

一家の支柱2,700~3,100万円
一家の支柱に準じている2,400~2,700万円
その他の家族2,000~2,500万円

弁護士会基準の場合、事故で亡くなった被害者が家族にとってどのような経済的な位置づけであったかを重視し、この損害額を相続人たちで分配する形となります。賠償額を決めるのは弁護士ではなく裁判における裁判官になりますので、被害者の年齢や状況によって実際にこの額にならない事もあります。

任意保険基準

任意保険基準も裁判による判例を元にした慰謝料の目安ですが、弁護士会基準と比較するとかなり低い額を基準としています。この基準は保険会社によっても異なりますが、弁護士会基準のおおむね半値位と思っておいてください。裁判になるとほとんどは自賠責保険基準を軽く超えます。この超えた分については任意保険会社が支払うことになるため、支払いが少なければ少ないほど保険会社には有難い状況になります。

示談交渉をする際、弁護士が居ないと任意保険基準での話し合いとなります。稀に賠償額の安い自賠責保険基準で話を進められ示談に応じてしまったという話もあります。一家の大黒柱を事故で亡くされた様な場合は、保険会社との話し合いを進めつつも弁護士などに相談すると言う選択肢を頭の中に置いておいた方がよいかもしれません。

慰謝料の基準は無視しても良い

慰謝料の請求自体はどれくらい高く請求してもかまいません。ニュースなどで賠償金請求額が数億円にもかかわらず、裁判所からの支払い命令が数百万だったようなニュースは目にされた事があるとおもいます。同様に、請求だけであればどれくらい高い賠償額でも良いのですが、過去の判例などを元に裁判官は判断しますので、残念ながら希望通りに支払われる事は無いと思います。

また、示談の場合も同様で、請求自体はいくら高くてもかまいません。加害者が日本を代表する様なお金持ちであれば実費で数億円の慰謝料を賠償する形で示談を成立しても問題はありません。(あまりにも高額だと税務署が動く場合があるようですが)

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>