最新ニュース
Home » 保険情報 » 裁判 » 示談交渉代行や損害賠償訴訟時に有利な損害保険会社
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

示談交渉代行や損害賠償訴訟時に有利な損害保険会社

任意保険の自動車保険に加入するメリットの一つに、示談交渉など事故後の対応を代行してくれると言う部分があります。 

自動車保険会社は示談をする準備が整っているのに対し、加害者は1から知識を溜めていかなければなりません。それでも有利に交渉を進めようとする場合には専門の弁護士の力などを借りなければならず、費用もかかります。任意保険に加入している場合基本的に示談交渉は被害者と保険会社が行うことになりますが、被害者にも過失がある場合は保険会社同士の示談交渉になります。10対0の過失割合はほとんどありませんので、保険会社同士の示談交渉も多く登場します。自動車事故の9割が示談というデータ上からも過去の判例を踏まえ双方が納得いく形で終わられられるように出来ています。やはり任意保険は加入すべきものですね。 弁護士費用特約などに入られている場合などは裁判になる様な事態であっても費用もかかりません。

また、示談が成立しなかった場合に損害賠償請求訴訟となりますがこちらも保険会社が行う事になります。

自動車保険会社の交渉がなぜうまいのか?

交渉が上手く見えるのは、示談交渉の準備が出来ているからです。交渉にあたっての手順やロールプレイングなどの練習なども欠かしません。担当者の経験が少なくても社内にはベテランが。そして専属の弁護士などが控えています。 

保険会社もビジネスとして営業していますから、双方納得したうえで支払うお金は少ない方が良いのは当然です。出来れば代車は使ってほしくないし、相手の車の修理費などは払いたくありません。車同士の事故で過失相殺状態にある場合などは保険会社同士の示談交渉となりますが、相手の出方も当然解っていますので相手の一方的な要求が通る事はありません。軽微な事故の場合は裁判の手間などもありますし良い所で示談が成立します。(死亡事故や著しい後遺症等の場合、裁判を行った方がよい例がありますのでご注意ください)

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>