最新ニュース
Home » 保険情報 » 保険料 » 節約家が自動車保険を安くする方法は
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

節約家が自動車保険を安くする方法は

節約家こそ携帯をよく変えているイメージはありませんか?携帯業界は3社の取り合いです。メールアドレスは変わりますが乗換によるキャッシュバックや割引などの特典が各社豊富にそろっているため、2年ごとに携帯キャリアを乗り換えて新しい機種をタダ同然で契約して回っている方も少なくありません。 さらに古い機種は売ってしまいますので逆に利益が出ている方も居る様です。

自動車保険も節約家は乗換を行います。まずは自分に合った補償の範囲内で安い自動車保険に乗り換える。さらに毎年保険会社を乗り換え、加入割引を受ける事で安くする方法つかいます。

  1. 補償内容を見直し安くする
  2. 運転者を限定し安くする
  3. 車両保険を安くする
  4. 割引で安くする
  5. 加入割引等で安くする

補償内容を見直しで安くする

基本的に対人・対物保険は無制限の方が多いです。節約家の場合一気に1千万レベルまで落とすのかと思いきや、事故を起こした時の事も想定できますので必要な部分はしっかりと残します。

削る部分としては、車両保険や人身傷害補償保険などを見直します。車両保険は10年程度の方落ち位から加入する意味が無くなるため取ってしまう方が多い様です。他にもエコノミータイプの様な安くなる保険も在りますので削れる所は削ってしまいます。

人身傷害補償保険は車の他の搭乗者の保障ですので、他人を基本的に乗せない!として削る方も少なからずいらっしゃるようです。(相手が任意保険に加入している方のみ乗せるなどでも大丈夫ですね)

たまには友人を乗せる事がある様な方は人身傷害補償保険3,000万円程度に抑えて保険料を安くすると言う方法があります。

運転者を限定して安くする

最強なのが本人限定です。一人暮らしなら他人に運転させる事も少ないでしょうから一気にこのレベルへ。 配偶者がいても通勤で使うなら自分で全て運転する!として本人限定とされる方も居る様です。もちろん配偶者まで限定する事もできます。

友人とどこか遠くに出掛ける様な時、運転を変わってもらう事が在るかもしれないと言う方は、ワンデイ自動車保険もありますので数百円で加入してもらうのが良いでしょう。

様々な割引で安くする

様々な割引があり、皆さんは全て利用されているかと思います。ゴールド免許割引やエコカー割引などが有名ですね。全て利用しましょう。

次に加入時の割引です。保険会社によっては保険を乗り換えると一万円前後割引になる事があります。一万円前後となるとかなり大きいです。可能であれば1年毎の更新時に乗換をしていくとかなりお得になります。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>