最新ニュース
Home » 保険情報 » 基礎知識 » 自動車の名義変更方法と名義変更時の自動車保険加入方法
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車の名義変更方法と名義変更時の自動車保険加入方法

日本において車の商品価値はあっという間に下がります。できれば10万キロ以上走行している車には乗りたくないと言う考え方の人が多い為か、車の買い取り価格や中古車の販売価格など他の国だとまだまだ現役で取引されている様な状態でも涙ほどの買い取り価格になる事も珍しくありません。 まだまだ走る愛着のある調子のよい車。売って数万円であればあの人に乗ってほしい!という事も珍しくないでしょう。 ディーラーや中古車屋で車を買う場合は手数料は取られますが全て手続きをしてくれますが個人間取引の場合は自分で名義変更を行わなければなりません。(時間はそれなりにかかるのでお金さえ払えば代行してくれる会社は沢山ありますが)

自動車の名義変更が面倒くさい

名義変更には陸運局へ行ったり警察に連絡をしたりとそれなりに時間がかかります。自動車保険も自分で色々と検討し連絡する必要もあります。 自動車を所有されている方のほとんどは働いているでしょうから、折角の休みをこれに当てたりわざわざ有給を取って行くのは大変面倒で車を譲り受ける事をためらってしまう方もいる事でしょう。 

何本か電話をすれば代行してくれる会社は必ず見つかる!名義登録の代行は自動車ディーラーや中古車販売会社では必ずと言っていいほど行っていて、もちろんこれには人件費分の金額も入っており、れっきとしたビジネスとして行っています。 車も買っていないのに代行だけ頼むのは悪いのではないか?と思う方は多いようですが、格安の中古車を販売している会社などはこれが主な収入源の一つだったりするほど美味しいのです。 実際に個人で名義変更を行うと法定費用に3,000円程度(印鑑証明が無い場合は色々含めて1000円位かかります)の所、大体3万円程度で代行して頂けます。 まずは今の車の所有者が車を買った会社・ダメなら家族や友人の車を買った会社・だめなら近所の中古車ディーラー等。 保険も検討していると言う話だとほとんど大丈夫です。 一本電話してみましょう。 現在の所有者にも用意してもらう資料があるためお願いする事も忘れないのが大切です。譲渡証明書などお役所的に必要な書類がありますので。

自動車を譲渡してもらう前に保険手続きを

自動車保険には自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。 

譲渡時の自賠責保険

前所有者は自賠責保険の無視と譲渡と解約の3つの選択ができます。

  • 無視 – 無視??と思われると思いますが、自賠責保険は車両にかかっているものなので誰の名義であろうが事故の際最低限の保障がなされます。次の更新の際には次の車の所有者にお知らせ等が届きますのでそのまま気にせずいても問題はありません。ナンバープレートの番号も変わりません。
  • 譲渡 – とはいえ、知人の知人など全くの他人で同じナンバーというのも気が引けると言う場合など、名義の変更ももちろん可能です。保険会社に問い合わせのうえ、自動車売買契約関係書類(契約権利譲渡通知書)への記入や印鑑証明つきの印鑑の捺印などの手間はありますので数千円はかかると思ってください。
  • 解約 – 自賠責保険は複数年単位での契約が可能で、さらにお得になります。そんな数年分払った自賠責保険はもったいない!という場合は、残りの契約期限が1ヶ月以上残っていれば返戻金として戻ってきます。 これは基本的に廃車にする時に利用する方が多いのですが、保険証の左上に記載されている証明書番号を確認のうえ保険会社に連絡すると帰ってくる金額を教えてくれます。ここで、自賠責の解約は陸運局での抹消手続きの後でなければできないという話をされると思いますので、流れ手順はこの時に聞いてください。 抹消手続きも代行してくれる会社もありますのでこういうサービスを利用するのも良いでしょう。

※譲渡される側は前所有者の意向を良く聞いてお願いしましょう。

譲渡時の任意保険

任意保険は家族以外は譲渡・引き継ぎが出来ません。 前所有者は譲渡日(手続き微)を次の所有者から聞いて、解約手続きを行いましょう。 この際、譲渡までどこで車を保管するかよく話し合いましょう。 手続き日までは保険の有効な前所有者がすべて運転を行うべきです。基本的には手続き後に車を取りに来てもらう方法が一番問題が発生し難いと考えます。 その次が次の所有者の家や近くに保管し手続き後から乗ってもらうのが良いのですが、鍵の引き渡しは手続き後の方が良いと思います。万が一譲渡前に運転し事故を起こした場合、保険も有効ではありませんし、場合によっては車の保管の注意義務違反としてあなたに罰金などが来る可能性もあるからです。

保険は名義変更前に次の所有者が保険会社と話し合い譲渡日から保険が有効になるよう契約する事が可能ですので是非この様にしましょう。(譲渡後から保険に入る事も可能ですが運転は控えましょう)この時一番注意していただきたいのは入金です。かならず名義変更日前に入金するようにしましょう。

家族間の譲渡の場合は保険の譲渡が可能です。この時保険の等級も譲渡されますのでご高齢で運転はそれまで!という場合などは譲渡がお勧めです。

車の譲渡はそれなりに時間と手間がかかります。さらに保険会社や代理店に足を運んで保険手続きも行うのも時間がかかります。こんな時に便利なのはやはりインターネットのダイレクト型保険だと思います。なんといっても利用者のほとんどの方が思う感想で予想以上に簡単に手続きが済んだし安い!という所でしょう。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>