最新ニュース
Home » 保険情報 » 保険料 » 自動車保険について来るペット補償特約まとめ
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険について来るペット補償特約まとめ

保険商品の開発の自由化に伴い、ペットを飼っている層を狙って、ペット補償特約関連の保障が一気に増えました。これは、車にペットを乗せている時に事故にあった際、ペットの死傷の保障を行うものです。別の読み方として、ペットプラスやペット特約、ペット乗車中担保特約と呼ばれます。

この保険の強みは、ペットの医療費は高額になりますのでこの部分が補償されると言う事です。犬ですと大きさにもよりますが、骨折1つで10万円以上はかかると言われています。

注意したいのが、ペットだけが亡くなった時には保険金が出ないと言う事です。怪我については大丈夫なのですが、知らずに契約されている方はがっかりされる事も在るようです。過去には多くの保険会社でこのペット保険の付いた商品を販売していましたが、保険の未払い問題などが問題になるにつれ、この保険を扱う会社が少なくなりました。

代表的なペット補償特約の例

  • 治療費・葬祭費補償:5万~10万円など
  • ペット預かりサービス:ホテルなど1日5000円など
  • 葬儀費・お墓代:3~10万円など

現在、ペット保険をメインに保険を考えるとするとアメリカンホーム・共栄火災海上保険・チューリッヒ保険などがこれらの条件に当てはまります。それぞれ内容は若干異なりますので内容を確認し加入されても良いかもしれません。

自動車保険につく特約としてはそれほど充実したものではありません。ペットに強い愛着があり、常に移動を共にされている方は自動車保険の特約ではなくペット保険を選ばれた方が良いかもしれません。自動車搭乗時以外も保障されますので。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>