最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » 自動車保険の事故対応内容
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険の事故対応内容

自動車保険でよく耳にするのは、「365日24時間事故受付!」というものです。テレビコマーシャルではとても良い声で耳にしますね。この事故受付は、事故の受付であり、色々とサービスとしてしてくれるものは「事故対応」とよばれます。

自動車保険を選ぶ決め手といえば、安さと事故対応の良さ。あとはどこでもいいから入っとけ!という3パターンがあります。安さはインターネット型の通販型自動車保険。サービスはメガ損保など店舗型・代理店型の自動車保険という認識がありましたが通販型の追い上げが激しく、販売代理店で店頭加入型の保険の加入率が減少している中、右肩上がりで加入者が増えてます。

基本的にどの保険会社を使っても最低限満足できるサービスは受けられるので、大半の方はどこでもいいから入っておけば大丈夫だろう!時間があったら安い保険に乗り換えようかな?という方が多いようです。

事故が起きた時の保険会社の事故対応例

  1. 事故状況の確認
  2. レッカー車の手配
  3. 病院の手配
  4. 代車の手配
  5. 修理工場の手配
  6. 相手への連絡
  7. 相手の病院への連絡
  8. 示談代理交渉
  9. 治療費の支払い手続き
  10. 事故の相談
  11. 弁護士の手配

これは一般的な例で、各社しのぎを削っている部分です。事故直後担当者がすぐ現場まで来てくれたらいいな!と思われる方もいらっしゃるようですが、来ても何もできない事がほとんどだそうで、どの会社もこのサービスは導入していません。

すべて保険会社に任せれば大丈夫!と思いがちですが、現場に担当者が来ない為、証拠や警察とのやりとり、実況見分の立会いなどは自分自身で行わなければなりません。その後の示談交渉などで本領を発揮していただくということになります。

インターネット型ダイレクト自動車保険の事故対応が良くなっている訳

まず、この保険が生まれてまだ間もないと言う事があります。1996年誕生のこの保険を扱う会社に全て満足できるように対応しろ!というのがおかしい話です。また、資本もまだまだ最初は足りませんでした。色々と保険の不払い問題があったのもこの保険がはじまって数年たった後です。

現在は資本も増え、サービス拠点も1万を超える様な体制が整い、これに従事する社員の教育もどんどん良くなってきている様です。これは顧客満足度調査などに反映され代理店型でもダイレクト系でも基本的には事故対応に変わりが無いという印象が増えています。

大きな差があるとすれば、保険会社の方と親密な関係で直接色々と相談に乗ってくれる人対人の関係が築けている様な場合はこの限りではありません。当然です。しかし、示談担当セクションの方や法律関係の担当の方などであれば力強いのですが、一般的に保険を販売されている様な方の場合、それほど特別なサービスや情報が在るかどうかといえば疑問が残ります。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>