最新ニュース
Home » 保険情報 » 保険金 » 自動車保険の保険金に税金が必要な場合があります。
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険の保険金に税金が必要な場合があります。

ご安心いただきたいのは、基本的に自動車保険で受け取る保険金は非課税です。これは、被害者本人が受け取る治療費・慰謝料などの損害賠償金も、ご遺族が受け取るものも同様です。

例外となるのは「搭乗者傷害保険・自損事故保険」です。なぜ例外となるかと言うと、これらの保険は契約者以外が保険金を受け取る事ができます。これが原因です。

自動車保険は、決められた保険料を納める代わりに損害があった場合に補償するという契約になっておりますが、保険を納めていない方が保険金を受け取る場合、これが利益だという理屈になり、所得税・相続税が発生するのではないか?という内容です。

搭乗者傷害保険は、保険契約車に搭乗中の他人が損害を受けた場合に受け取れる保険です。死亡・後遺症の保障のほか、医療費も保障されます。

自損事故保険は、上記の内容に近いのですが単独事故を補償します。単独事故の場合事故相手がおりませんので、自賠責保険の恩恵を受け取れません。どこからも保険金が出ないと言う事が無いよう、契約車に搭乗している方向けに支払われる保険です。

そんな面倒な保険には入らなくてもいいのではないか?と思われる方も多いほど、知らない方が多いのですが、これらは任意保険に加入すると自動的に加入している状態になっています。

車の搭乗者が保険金を受け取る・もしくは遺族などの相続人が受け取る場合、基本的に税金が発生します。不安な場合は保険会社に問い合わせましょう。発生する税金は相続税・贈与税・所得税(住民税等にも発展)などがあります。

事故に遭った方と保険の受取人との関係性が問題になりますが、相続人かそうでないかといった部分が重要になります。それぞれの保険には控除が設けられてはいますが、交通事故での死亡となりますとそれなりの額の保険金になるため、納付忘れで追徴金が発生という悲しい事態にならぬよう、必ず問い合わせましょう。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>