最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » 自動車保険の対物賠償保険まとめ
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険の対物賠償保険まとめ

自動車保険のメインの両翼を担うのが対人賠償保険と「対物賠償保険」です。対物保険、対物賠償責任保険、対物賠償のように呼ばれる保険です。

自賠責保険に対物補償は無い

対物賠償保険は、自動車事故で相手の物(財産)の損害の賠償を保障してくれるものです。過去の判例では1億円以上の賠償命令が出た事もあります。任意保険に加入していない場合でも、最低限の保障として死亡時3000万円、傷害120万円を上限に被害者の賠償が行われますが、対物については自賠責保険には有りません。車対車の様な事故の場合、相手の車両の修理費用などがメインになるこの保険ですが任意保険に加入していない場合。相手が車両保険に加入していない場合などは全額負担しなければなりません。

対物賠償保険の補償額まとめ

対物賠償保険は、無制限・5,000万円まで・1,000万円までといったような選択肢があります。当然無制限は高く、1000万円は保険料は安くなりますので、交通量の少ない様な地域にお住まいの方は1000万円を選ぶ方も少なくは無いようです。

対物賠償保険を利用するケースとして、ガードレールとの衝突や民家の塀などへの衝突があります。この様な場合、人を巻き込んでいませんのでそれほど高額にはならず、1000万円までで済みそうです。

高額になる事はあまり無い様ですが、事故を起こした相手の車に高額な商品が乗っている場合などがこれにあたる様です。 また、店舗などに突入する場合、商品などを破損すると商品によっては高額になる恐れがあります。

おおむね5,000万円の保障で事が足りそうなのですが、無制限の時の保険料とあまり金額的に差がないことから無制限を選ばれる方も多いようです。

高額自賠責保険判例

賠償額 被害内容
2億6153万円 毛皮を積んだ車との事故
1億3580万円 パチンコ店へ突っ込んだ
1億2037万円 電車との接触
1億1347万円 電車との接触

1億円を超える事故の判例です。毛皮を運んでいる車との事故は悲劇としか言いようがありません。

近年のパチンコ屋は豪華な外観からも突っ込んだら高くなりそう!というイメージがありますが、1台数百万円するパチンコ台や玉の補給システムも高額ですし、本来営業していたら得られた利益分の賠償なども高くなります。パチンコ屋は要注意です。

そして、一番注意しなければならないのは電車です。十分に気をつけましょう。

対物賠償保険の補償範囲例

  • 相手の車の修理費
  • 塀やガラスなど建物の修理費用
  • ガードレール・電柱・信号機の修理費用
  • 相手のレッカー費用
  • 相手の車が営業者だった場合の逸失利益
  • お店が休業せざる得ない状況になった場合の逸失利益
  • 商品の補償
  • 休業中の従業員の給与
  • 電車などの修理費用など

自損事故の場合、ほぼ100%の過失が付きます。さらに自賠責保険も利用できません。億を超える様な賠償はなくとも簡単に百万円は超えてきます。

ガードレールや信号など、日本はいろいろありましてかなり高額で販売されています。電柱の場合ケーブルなどもありますから張替等含めて1000万円程度の賠償になることもあります。

お店に突っ込んでしまうと店舗の修理などもまず高額です。こだわっている店舗のガラスはかなり高額な物を使用しています。 また、本来営業していたら得られた利益分の逸失利益や商品なども高額な商品を扱う店舗だった場合は高額になり、従業員の給与の保障も行わなければなりません。 商店街などを頻繁に移動する様な場合は対物補償は無制限がおすすめです。

色々と高額になるような対物賠償を想定してみても列車がもっとも恐ろしい対象といえます。列車は基本的にフェンスで覆われており、接触する機会は少ないのですが踏切などを車で横断する機会が在る場合は無制限にしておくのがベターです。故障で踏切内に閉じ込められてしまうという事は信頼のおける日本車を利用する方が多い日本では少ない事故と言えますが、渋滞などで閉じ込められてしまう事も考えられます。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>