最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » 自動車保険の賠償金請求の流れ
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険の賠償金請求の流れ

  1. 事故発生
  2. 保険会社へ連絡
  3. 治療・医師による診断書受領・提出
  4. 自賠責保険請求
  5. 示談交渉・調停・裁判
  6. 保険金の請求・支払い

ほとんどの自動車保険の場合被害者であっても示談は保険の担当者が行ってくれます。(過失割合がある事が条件の場合があります)基本的に、保険金を頂くまで被害者が何らかのアクションを起こす必要はあまりありません。示談内容などについてじっくり考える時間が持てます。

自賠責保険は示談が成立前受け取る事が出来ます。その後、怪我がある場合は治療を終わらせ、診断書や領収書等を元に任意保険の示談が行われます。

請求できる任意保険の種類

対人・対物賠償保険

被害者が怪我や後遺症を負った際や、被害者の所有物(車はもちろん家なども)が破壊・破損された時に請求できます。

搭乗者傷害保険

過失の有無にかかわらず、車の搭乗者が受け取る事が出来る保険金です。等級のダウンもないため被害者は加害者の保険を使わずに搭乗者障害保険を積極的に使うケースが多いようです。

自損事故保険

被害者が存在せず、自分の運転により何かに衝突し怪我や死亡に繋がる様な事故を保障してくれます。同乗者に対しても補償が可能です。

車両保険

車両に対する保険で、修理費用を請求できます。

無保険車傷害保険

加害者が任意保険に加入していない場合、加入していても補償額が低い場合など、死亡時や後遺症が残る様な怪我の場合にのみ保険金が支払われる保険です。任意保険の加入率が低い沖縄の様な地域を運転する場合には必要かもしれません。

被害者は保険会社に直接請求できます。

基本的に自動車保険の賠償金は加害者が保険会社に請求し被害者に支払うという形になっていますが、実際は保険会社から被害者へ支払われるため、便宜上一般的には保険会社へ請求すると言ういい方をします。

しかし実際には被害者は保険会社への直接請求権を持っています。あまり認められるケースではありませんが、お互いの保険会社同士の示談がまとまっていて、被害者も納得しているにもかかわらず加害者が同意をしない様な場合、直接請求できる場合があるようです。

示談成立前に出来る保険金の請求

保険金は示談や裁判後でしか受け取る事が出来ない訳ではなく、治療費や休業補償など、すぐに必要な費用は内払金として先に請求する事が可能です。

自賠責保険には仮渡金や内払金といった制度もあり、示談成立前であっても自賠責保険の窓口で請求することができます。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>