最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » 自動車保険の車両保険まとめ
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険の車両保険まとめ

事故などで契約者の車が損害を受けた時、修理費用として受け取る事ができる保険です。単独事故の場合を想定して加入する方が多い様ですが、車対車の場合も相手が任意保険に加入している場合は相手の保険で修理が出来る事がありますが、過失割合によって全額貰えない事が多いという欠点があります。

車両保険の加入率は約4割と呼ばれているように、契約者の判断での加入が左右される保険です。人身事故等と異なり、ご自身の車が壊れてしまったとしても車の価値以上の損失は出ません。 数千万や数億円という事にはならないと言う安心感もあります。

大変良い車を購入しても、車の価値は一気に下がります。車両保険の補償範囲は車の現在の価値まで。さらに事故が多い様なスポーツタイプの車は保険料もたかくなります。車両料率クラスなどを参考にしながら、自分の車にたいして車両保険がどれくらいまで支払われるのかを調べる事が重要です。また、可能であれば1年後、3年後、5年後等といった予想も立てておくとよいでしょう。補償される金額が減っていくと、支払う保険料の兼ね合いもありますが保険に加入している意味があまり無くなってきます。 エコノミークラスの様な安くなる物もありますのでご自身にとって一番良い選択が出来るようにしましょう。

車両保険の補償範囲まとめ

  • 車同士の事故
  • 車庫入れでのキズ・凹み
  • 水害
  • 当て逃げ
  • いたずら等による引っかき傷など
  • 飛び石によるフロントガラスの破損
  • 車の盗難による全額補償

パンクについては可能であれば無料で受けられるロードサービスで解決してください。車両保険では補償の対象外であることがほとんどです。ただし、ホイールなどが破損した時にはもちろん利用できます。

車両保険は補償の制限をする事で安くなるエコノミータイプなどがあります。具体的な内容は車両保険の種類でできることと出来ない事(補償範囲)にてご確認ください。

車両保険の免責金額まとめ

車両保険に加入していても免責金額というものがあります。全ての修理費用のうち、一定の費用は契約者が持ってくださいと言うものです。

免責金額を10万円の場合、10万円以下の修理は自分で行わなければならない他、100万円の修理費用の場合に支払われる保険金は90万円という計算になります。免責費用は0円にも変更できますが、保険料がその分高くなりますので選択される方はあまり多くない様です。

詳しくは自動車保険の免責って何?面積?「車両保険の免責金額」をご覧ください

車両保険に加入する意味が無い場合まとめ?

車両保険は車がどのような状態であっても加入することは可能です。しかし一般的には新車購入時に加入される事が多いようです。

車両保険は現在の車の価値(つまり市場価格)で決まります。たとえば10年や20年経過した車には車の価値がほとんどありません。修理費用に100万円必要なトラブルに見舞われても、免責金額以下の車両価値の場合は加入している意味が全くありません。

これは、20万円の車を購入した方が意図的に事故を起こし、数100万円かけて完璧に修理してしまう様な詐欺を防止する目的もあります。こんなことをされては保険会社はつぶれてしまいますので。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>