最新ニュース
Home » 保険情報 » 基礎知識 » 自動車保険代理店と自動車保険会社のとの違い
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

自動車保険代理店と自動車保険会社のとの違い

近年はインターネットで加入する保険を多くテレビコマーシャルで目にします。これは代理店ではなく保険会社が直接行っている方法です。 保険代理店は文字通り加入や継続などの業務を委託してもらい保険会社から手数料を頂く形で運営しているタイプの会社です。もちろん代理店であっても保険を販売するにあたって資格が必要です。 保険会社による講習なども開催され新入社員の方などはこの資格を取得し、保険にまつわる説明や加入時の申込書等の作成などが出来るようになります。 この保険代理店は保険を幅広く入ってもらうために保険会社が開発したビジネスで自動車保険の代理店であれば自動車ディーラーや中古車販売会社、整備やカーパーツ販売会社などなど自動車関連に絡む仕事をされている方であれば本業のビジネスの底上げとして多くの会社で利用されています。 車等購入する際の手続きなどと一緒に保険の相談等含め行われる為、利用者にとっても便利で本来はそれほど他社との金額の差も無い事からほとんどの方が利用してきましたが、最近は走行距離や車の利用頻度等に応じたものなどを武器にインターネットで人件費や代理店への手数料を浮かしたダイレクト保険が多くなってきました。 一度加入した後に更新の頃にダイレクト保険に乗り換えると言う方が増え、保険代理店の保険商品についてもこれに対応し品ぞろえがかなり変わってきているようです。

インターネット自動車保険は得か?

自動車保険の場合、他の保険と異なり現在の等級を引き継ぐ事が出来ます。 多くの方は1年毎の更新の時期に検討するため損なく乗換が出来ますが、1年分の保険料を先に収めている方が途中で乗り換えた場合、残りの契約金は戻っては来るのですが解約返戻金として計算されるため、乗り換えて安くなった保険料が逆にすこし高くなってしまう場合も在る為注意が必要です。

支払い済み保険料 – 経費 – 契約から解約までの保障部分 + 配当金 = 解約返戻金

 これを踏まえて得か?という答えは特になるケースがかなり多いです。 お時間の許す限り検討してみてはいかがでしょうか?

ダイレクト保険対策の自動継続特約!

携帯電話でよく聞く○年間利用するとと確約すると基本料金が安くなる!その後は自動更新なので他社に乗り換えたい時は2年後の同月以外は違反金が発生するので注意してね! という様な仕組みがあります。 これは保険を更新し忘れる事の救済措置として作られている事が多いようです。保険の切り替えの際には更新のおしらせを待つのではなく保険証書などを見直す事を強くお勧めします。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>