最新ニュース
Home » 保険情報 » 損害賠償 » 被害者の家族・親戚の損害賠償請求の時効は3年。加害者が放棄できるのは3ヶ月。
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

被害者の家族・親戚の損害賠償請求の時効は3年。加害者が放棄できるのは3ヶ月。

被害者や加害者が亡くなったり、後遺症により自身で損害賠償請求が出来ない場合など、相続人や近親者によってこれを請求することが可能です。

この損害賠償請求権は3年で時効となります。 相続人にあたるのは、配偶者・子孫・親・兄弟や姉妹はもちろん、甥や姪も対象になります。 

亡くなった方により支払われる額が変わります。

被害者が亡くなった場合で配偶者と子1名がいた場合、財産分与として配偶者に1/2、子に1/2の割合で損害賠償の請求権が発生します。 ここに配偶者と被害者のご両親に当たる親が相続人となる場合、配偶者は2/3、親は1/3の割合。被害者と配偶者両方が亡くなっていて、子供が一人おり、この子が全てを請求する場合は全額請求権が発生します。

親族のだれかに任せきりにするのではなく、一度専門家立会いの下でどのようにするのかを話し合われる事をお勧めします。肉親を亡くされた事に対する慰謝料なども請求する事も出来ますし、内縁の方でも支払われた例もあるようです。

亡くなった加害者の相続放棄は3ヶ月以内

被害者の慰謝料請求先は任意保険の会社であることが殆どですがこちらに加入されていない場合はご家族の方に請求が発生します。 こちらは相続放棄という形で支払わなくても良い選択をする事も出来ます。 相続放棄なので他の遺産の一切も放棄することはもちろんです。 これは親などが加害者になった場合におけるケースです。

損害賠償の請求を受ける場合、様々なケースが考えられます。年齢(最近は減りましたが未成年がバイクを運転してと言う事も多く考えられます。11歳以上、アクセルやバイクで地に足がつくような年齢になってきた頃からは親も考えなければなりません)、走行時勤務中だった場合は法人責任が問われます。保険に入られる事はもちろんお勧めですが、未成年で無免許の場合の運転は運転者自身の生命の危機もさることながら加害者となった場合は大変なことになります。 当然どのようになるか想定されずに運転されているでしょうから、身近に心当たりのある方には是非お伝え頂ければと思います。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>