最新ニュース
Home » 記名被保険者年齢別料率制度とは?

記名被保険者年齢別料率制度とは?

自動車保険の金額差の要因の中で比率の大きい部類のひとつが年齢の区分です。

契約者の年齢で料率が変わるのですが、保険業法の改定によりかなりややこしくなっています。

保険業法施行規則第十二条の保険料及び責任準備金の算出方法書の審査基準等では

基本情報

純保険料率間の格差が三・〇倍以下であること。

という記載になっています。

保険の契約者ではなく、運転者の年齢制限によっても比率が変化するため一概に記載は出来ませんが、若ければ高額になり、30代が最も安くなります。そして新しく、高年齢の場合も若干料金が上がる様な計算になりました。

また、全年齢保障・21歳以下保障の場合は保険契約者の年齢問わず高い金額になる様に設定されています。

保険会社によって、計算方法がかなり変わりますので実際は各社へ問い合わせの上で皆さんが一番良い保険を選ばれる事を望みます。

当サイトも年齢条件と契約者の年齢によって計算されるよう設定しています。
基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>