最新ニュース
Home » 保険情報 » 事例 » 車のバックで特に気をつけるのは子供と自転車!
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

車のバックで特に気をつけるのは子供と自転車!

車のバック時は視界が悪くなる事はしばしばあります。 特に気をつけたいのが子供と自転車です。 子供は書かずともと言ったところですが自転車が案外厄介なのです。 まず歩道や道の端を走りますから、バックの出だしでぶつかってしまう事があります。 相手が高齢であれば受け身も取れず頭から落ちてしまいます。 耳が遠い事も在るでしょう。 10対0の過失割合にはなりませんがやってくる速度を考えると子供と並んで注意したい対象です。 子供の場合9対1の過失割合が基本です。大人の場合は若干緩くなります。 

駐車場でのトラブルについては一切責任は負いませんという場所での事故

スーパーやコンビニエンスストアなどの駐車場には必ずと言って書かれている文章です。車のバックでの事故は広い駐車場でも頻繁におきます。車両どおしの場合警察に届けても受理されない事も在るようです。 保険会社も警察の証明が無いので証明のしようが無く対応できないというケースも在るようです。 警察は通報をうけると現地に行かなければなりません。もめそうな場合は着ていただいた方が穏便進むケースが多い様なので協力願いましょう。  とはいえ、本当に駐車場のトラブルには責任を負ってくれないのでしょうか?  答えは×です。 善管注意義務「無報酬で物の保管を引き受けた者は、その物の保管について「自己の財産におけると同一の注意をなす義務」を負い(第659条)、親権者は子の財産を管理するにあたっては、「自己のためにすると同一の注意をなす義務」を負います(第827条)。」の様な責任が出てきます。  とはいえこれは稀なケースです。 駐車場が著しい傾斜で滑り止めもなく、滑ってぶつかってしまった場合などに訴訟を起こせば損害賠償請求が通る事があるかもしれないと言うレベルです。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>