最新ニュース
Home » 保険情報 » 任意保険 » 通販型自動車保険のサービスが向上している理由「サービス拠点数と提携修理工場数」
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

通販型自動車保険のサービスが向上している理由「サービス拠点数と提携修理工場数」

hokendairitennobi

1996年から始まった通販型自動車保険の評価が年々上がっている要因の一つに、サービス拠点地の数や提携修理工場の数の工場とサービス精度の向上があります。当然、始めたばかり頃は新しい拠点や連携したての工場とのやりとりであったため、きめ細やかなサービスに至らない部分もありましたが、現在はどの保険会社のネットワークもかなりしっかりとしてきています。

車情報

現在では、拠点・連携工場合わせると1社でも1万を超えるサポートネットワークが存在しております。数だけ増やしても内容がともわなければ。。と思われる部分も当然対策がなされ、顧客満足度に跳ね返るよう各社様々な工夫がなされている様です。

また、近年はインターネット上で不満を簡単に口にされてしまうため、末端社員の落ち度によって風評被害を受けない様なチェック機能のがるチーム編成による対応なども生み出されている様です。

保険会社名 サービス拠点 提携修理工場
チューリッヒ 約9,500ヵ所 約1,300ヵ所
SBI損保 約9,000ヵ所 約1,250ヵ所
ソニー損保 約9,000ヵ所 約420ヵ所
アクサダイレクト 約9,500ヵ所 約950ヵ所

9,000もの拠点ということは、単純に考えても1県あたり160を超える様な拠点が存在することになります。もちろん人口密度や車両台数などにも関係するとは思いますが、1つの拠点に複数名の人員がいるとなるとかなりの大所帯です。この大所帯がうまく機能していくと、現在の販売代理店型の自動車保険のシェア率が随分と変わってくると思われます。

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>