最新ニュース
Home » 保険情報 » 道路交通法 » 運転免許の停止による運転免許停止処分者講習とは
  • 自動車任意保険の見積もり比較サイトです。

  • 同じ型番でも保険料が違う事があります。

    同じ型番・グレードでも発売日によって搭載されている機能が異なり保険料に若干の差があります。

  • 大本の計算は保険料率が味噌

    損害保険料率算出機構って所が発表している車の安全度的な数値を元に、各保険会社が損の無いような計算をしています。

  • ABS割引!やイモビ割引!は減少傾向

    車の安全機能などによって数%割引という商品は続々と廃止されています。

  • 何が割引されているのかイマイチ解りません。

    ○○割引が廃止されたといっても無くなったわけではなく、車別に保険会社が自動で計算しています。

  • とりあえず主要な物は全部突っ込んだ!

    保険会社によってどの機能で料金を変動させているかバラバラなので、とりあえず目立つ物は全部乗せてみました。お好みで割り引いてみてください。

  • 自動車保険は乗換で安くなります。

    実際の所は保険会社へ見積もり依頼を行ってみてください。誤差が少なかったらいいなぁ。

運転免許の停止による運転免許停止処分者講習とは

前歴が無ければ基本的に違反点数6点からの免停。おいしい麺亭であれば歓迎なのですが残念ながら運転ができなくなります。ただし免許停止日数を短縮するためにうける講習という物があるのですがどのような流れで受けることになるのでしょうか?

免許停止の通知、運転免許停止処分者講習の通知はいつ届く?

違反点数が一定の基準を超えると、処分の通知が届きます。「意見の聴取通知書」「裁判所からの出頭命令」「免許停止処分者講習の案内」の様なものです。これはすぐ届くわけではなく10日~2ヶ月程度かかる事もあります。

これには運転免許停止処分者講習があるよ!というお知らせがあり、免許停止期間の2分の1が過ぎるまでは受講することができます。(予約が必要になります)これにより免許停止期間を短縮する事ができます。(もちろんテスト的な物があり合格すればという形です。

・運転免許停止処分者講習を希望する場合、処分の受付の際に申請することでそのまま受講する事ができます。 ただし処分だけを受け、後日講習を受ける場合には受講の予約が必要となります。

・警察署で処分を受けた方が受講を希望する場合にも、予約が必要となります。

いつから免許停止になるのか?

免許停止期間は「意見の聴取通知書」に意見の徴収日が書かれており、その日が免許停止処分始まりの日となります。おおむね講習の日から始まる事が多いようです。

それまでは車に乗っていてもかまいませんが会場までは車で行けません。(たまに見張りの警官がいます)30日の免許停止期間で最大で29日間の短縮が受けられますが、当日は運転してはいけない事になります。違反者のペナルティー的意味合いもあるのでしょうけれども、出来れば翌日から停止期間として30日間の短縮としてほしい所です。

講習名 停止期間 短縮日数 講習時間 講習料金
短期講習 30日 20~29日 6時間 13,200円
中期講習 60日 24~30日 10時間×2日間 22,000円
長期講習 90日 35~45日 12時間×2日間 26,400円
120日 40~60日
150日 50~70日
180日 60~80日

短縮日数は講習の成績によって決まります。考査(テスト)の成績が「優」の場合は30日免停が、最短1日で解除されますが、受講当日は停止処分中ですので運転は出来ません。筆記用具は必ず持参しましょう。

考査テストの成績
不可
短縮日数 29日 25日 20日 0日
停止日数 1日 5日 10日 30日

交通安全センターやで講習を受けた場合で翌日から運転が可能な優判定を受けた場合、その日のうちに免許証が返還されます。30日講習の場合は面倒でも安全運転センターまで出向くのが楽だと思います。

それ以外の場合で講習を受けた場合は、指定された日以後に、交通安全センターや住所地を管轄する警察署で返還されます(原則としてです)

運転免許停止処分者講習の考査テスト内容とは

人気記事

この車種の買取相場は?
姉妹サイトで全国のオークションデータを元に車の買取り価格の統計を研究しています。
型番・年式別の平均値や、オークション出品データなどご覧いただけます。

の買取り相場を見る

基本情報

実際の自動車保険の見積もり額などのご投稿はこちらからお気軽に。

入力されたE-mailアドレスが第三者に公開される事はありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>